今日の迷言・余言・禁言

「嫌な予感」ほど的中するのは…

昨日、大相撲の貴乃花親方が“理事選”に出馬し、落選した。私は今年1月4日の時点で、その顔貌の変化から今年は“孤立無援”となりやすく“金銭問題など抱えやすい相”となっていることを示唆し、今年一年さえ乗り切れば“苦渋の運気”は去ることを予告していた。したがって、すぐに再度“理事選”に立候補したニュースを知って、傷付く結果になるだろうと思っていた。運気の良くない時に無理に動いても“良好な結果”を得ることは難しいからだ。時々、私の「嫌な予感」が的中することがある。私が《「ビットコイン」大暴落の予感》を書いたのは昨年12月10日のことだった。この時、ビットコインは急騰中であり200万円に近かった。ところが、年初からコイン価格は下落に転じて、昨日はとうとう100万を割り込み90万付近まで下落している。正に一時期の半分以下となったのだ。私は12月10日の時点で、特に100万以上で購入している人たちに警告を発していた。また今年1月28日には《「円高」放任すれば「日本株」は急落する》と予告した。この時点では「日経平均」は年初の価格を少しだけ上回っていた。けれども、その後、私の予言は不幸にも的中し「円高」は進み「日本株」は急落した。おそらく来週も「日本株」は大きく下落するだろう。日銀は今になって「円高」への対応策を講じ始めたが、年初から行っていなければ遅いのだ。結果的に、今年の“世界経済は順調”と多くの方が予想していたが、年初から「仮想通貨の事件」が起こった日本の場合、金融世界は「波乱の幕開け」となったような気がする。つまり、次々と経済界や金融界を揺るがすような問題が勃発してくる「嫌な予感」があるのだ。私は昔から「嫌な予感」ほど的中する傾向がある。「幸運な予感」はどんなに的中しても良いのだが、そっちの方は滅多に起こらない。グスン。何んとか、この変なジンクスというか習性というか変わってほしいのだが…そのためにも、今回の「嫌な予感」だけは的中しないように“我が占いの神”に祈るしかない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.