今日の迷言・余言・禁言

「妖しい人形」は、やはり怪しかった

90年代に「球体関節人形」作家として脚光を浴びていた女性・堀佳子氏が“詐欺容疑”で逮捕されている。マネージャーと称する女性と一緒に逮捕されたので、どちらがそそのかしたのか明らかではないが、その被害総額は一部で一億円を超えるのではないか、という話もある。ところが、どうもこの人形作家、お金の使い道が判然としない。元々金銭面でルーズなタイプなのか、人形作家としての履歴は華やかなのだが、借金の履歴も華やかなのだ。但し作品自体は大変に素晴らしい。一言で言えば「妖しい人形」を作る。正に「生きているがごとき人形たち」である。だから人形一体の価格は大変に高額である。したがって、コツコツと製作していれば、借金を重ねるほど困窮するはずがないのだ。近年は乳がんになって、休業状態だった可能性もあるが、もしかすると精神面でも多少問題があった可能性もある。なにしろ、彼女の人形を見ていると、“あの世からの死者たちの魂”が宿ってでもいるかのような何とも言えない危なさがある。その“危なさ”に魅せられた人達も多く、歌手の中島美嘉さんは自らのコンサート演出でも用いたくらいだ。1995年にはイタリアのミラノで展示会も行っている。多分、この人は、根本的に何かが壊れているのだ。実は占い師の方でも、そういう方は何人かいる。名前だけは、それなりに広く知られていて、実占能力も高く、人気もあるのだが、実生活の面でいろいろと問題を起こしやすいタイプの方である。まあ占いも、一応“スピリチュアル”に属する分野なので、多少、実生活に弱いというか、脆いというか、そういう方達が居ても仕方がないのだが、お客様を巻き込む形のトラブルが多い方は、やはり何かに問題がある。ただ奇妙なほど、そういう方は一部の方から熱狂的支持を集めるケースが多い。実際、人形作家・堀佳子氏も一部からは熱狂的に支持されていて、だからこそお金を貸す人もいたのだ。ただ、どんなに優れた才能があっても、まるで人形に魂を奪われたように犯罪を重ねてはいけない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.