今日の迷言・余言・禁言

「女性の尊厳」「職業への配慮」は、そんなに必要なのか

タレント・芸人の岡村隆史氏のラジオ深夜放送での発言が問題視されている。放送自体は23日の深夜で「岡村隆史のオールナイトニッポン」というラジオ放送だ。この番組の中で岡村氏は今回の“コロナ騒動”で収入が激減した女性達が、収入を得るため一時的に風俗系アルバイトをするのではないか…といった発言をしたらしい。確かに、いろいろな点で問題のある発言だが、深夜のラジオ番組である。もっと言えば「芸人」の発言である。この程度の発言で、放送局の番組公式ページで「女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言をした」として謝罪文を27日に掲載したのだが、本当に必要なことだったのであろうか。もちろん、彼自身の中に多少なりとも「女性」や「風俗」に対する偏見的な観方があるのは事実だ。けれども、そういう偏見は彼に限ったことではなく、多くの男性達にもある。いや、肝心の女性自身にも「風俗」に対して偏見を持っている人は多い。実際には男性ばかりではないのだ。そこに、この問題の“根深さ”や“普遍性”がある。近年、女性の中には、この種の問題に対して“過敏に反応”する人たちがいる。あらゆることに対して「男女平等」であることが“絶対条件”であるかのようなことを主張してやまない人達がいる。けれども、大昔から、男女は不平等であり、不平等で良いものなのだ。なぜなら、女性でも大昔から“権力を握る人”が居るし、“財力を掴む人”もいる。逆に男性でも女性に“かしずいている人”もいるし、女性から“飼われているような人”もいる。どの時代でも、どの文明でも、そういう人達はいる。確か瀬戸内寂聴氏だったと思うが、よくタクシーの運転手やホテルの従業員が荷物を運んでくれようとするとき、それを拒否して自ら運ぼうとする人がいる。あれほど迷惑をかける行為はないと言っていた。つまり、彼らはそれを運ぶことが仕事なのに、それを“奪おうとする行為”は親切でも何でもなく、屈辱を与える行為でしかない、というのだ。実際、その通りで、人にはそれぞれの“役割り”とか“生きがい”とか“立場”とかあって、何でも「平等」にしてしまえば良いというものではない。例えば「占い師」という職業に対しての“捉え方”は実に千差万別である。「天使」に近いような評価を与える人もいれば「詐欺師」に近いような評価を抱く人もいる。それを“一律にしろ”といっても、多分無理なのだ。大昔、十代の頃、私はよくラジオの深夜放送を聴いた。さまざまなパーソナリティーが好き勝手なことを言っていた。それが楽しかった。その方が自然だし、それで好い。深夜放送まで規制をかけると、ますます“つまらない考え方”しか出来ない人間がはびこっていく。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.