今日の迷言・余言・禁言

「太陰暦」は生きている‼

昨日は「スーパームーン」で同時に「皆既月食」ということで多くの人が“夜空”を見たらしい。私も窓から「満月」は確認したが「皆既月食」は見ていない。「月食」や「日食」は“古代人”が恐れた現象で、さまざまな神話・伝説が生まれた。確かに、科学など無視して考えると、満月が“赤くなる”なんて気味が悪い。満月がいつもより“14%も大きくなる”なんて何となく怖い。古代人たちが恐怖を抱いたのは当然だった。今月は、一か月の間に二回「満月」がやって来た。普通に考えると、一ヶ月に二回はおかしいように思うが、われわれが使っている暦は「太陽暦」なので、月の現象には何ら関係がない。こんなに日本人が“月の変化”に過敏なら、もう一度「太陰暦」に戻してしまった方が良いのではないだろうか。そうするとアラビアの諸国のように「新月」で“月の見えない夜”は必ず「一日」となり、「満月」になる夜には必ず「十五日」となり、“十五夜”の行事も行いやすくなる。昔から伝わっているほとんどの“行事”や“神事”というのは、本来「太陰暦」に沿って作られたもので「太陽暦」に変えると、本来の意義から言って“おかしな行事”がいくつも含まれている。農作業なども「太陰暦」を活用すると種まきや収穫の開始時期を定めやすい。そういう点で「太陰暦」には“生活暦”的な要素が大きかった。イスラム教徒が多く、宗教行事の多いアラブ諸国は現代でも「太陰暦」である。彼らの場合、地域的に季節的な変化が少ないので、純粋な「太陰暦」で一年を“354日間”として巡らせる。日本など季節的な変化の多い地域では「太陰太陽暦」といって、基本は太陰暦だが“季節調節”を加える形を採用し、数年に一度「閏月」というものを加えた。したがって毎年、似たような季節に正月が来る。中華圏では、現在も民間ではこれを用いているので正月が毎年変動する。日本人は、どちらかと言えば“情緒的な民族”で、生活様式は欧米型だが、“月の象形”に沿った感覚を抱いたまま生活を送っている人も多い。いっそのこと「民間暦」として「太陰太陽暦」の“復活”を決めた方が、商業的にもプラス効果が大きいのではないだろうか。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.