今日の迷言・余言・禁言

「大安」という名の“おまじない”

先日、宝くじ売り場の前を通りかかったら、ものすごい行列だった。「大安」というプラカードを持った方が、並ぶ人たちを整理している。何とも奇妙な気持ちになった。そんなに「大安」が良いのか。まあ「仏滅」よりは良いよな。でも、この暦日の“本当の姿”をほとんどの人達は知らないんだろうな。そう思いながら通り過ぎた。「カジノ法案」の成立に関して、日本人は好意的ではない人の方が多い。「ギャンブル依存症が増えたらどうする!」と真顔で攻め立てる。ところが、そういう人に限って「宝くじ」を買っていたりする。これ、立派な“ギャンブル”なんですけど…。しかも、みんな“依存症になっている”から、何時間も並んでいたりするんですけど…。それに「大安」って、元々“ギャンブル用の吉日”だって知ってました? 知らなかったでしょう。元々「六曜暦」という暦は、江戸時代に日本で流行したんですけど、一番は“ギャンブル用の暦”として重宝されたからなんです。それは、この暦が“日の吉凶”を示すものではなくて、“時刻の吉凶”を示す暦だったからです。だから未だに「先勝」とか「先負」とかの名称があるのです。これ、どう考えたって“ギャンブル用”じゃないですか。「仏滅」も最初は「物滅」と書いて、“物を失う=ギャンブルに負ける”ことを表していたんです。けっして“仏を喪う”ことなんかじゃなかったのです。「友引」だって、“あの世に引っ張っていく”じゃなくて「共引」で“引き分け”の意です。まあ「大安」は「泰安」で“何でもOK”だったみたいですが…。これらは元々が“時刻占い”なので「先勝」は“午前中だけに勝ち”、「先負」は“午前中はどうしても負ける”という御託宣です。とにかく「依存症の人達」頑張ってね。


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.