今日の迷言・余言・禁言

「夢」の予兆と「占い」の予兆

正月が来ると、誰でも気にするものの一つに「初夢」というものがある。これには実際に寝床で観る「初夢」と、想像の中で“今年の願望”を語る形での「初夢」とがある。寝床で観る初夢は正月2日の夜に見るものが“本当の初夢”などともいうが、実際には必ずその夜に見られるという保証もない。また見たとしても、必ず“憶えている”とも限らない。新年になって、初めて“記憶に残った印象的な夢”、それが本当の「初夢」のように私は思う。昔は、縁起の良い初夢として「1富士2鷹3なすび」とか言った。けれども実際には、そういう夢など滅多に見ない。私は時々、夢の内容を語られ「これは、どういう意味を表す夢だと思いますか」と問われることがある。確かに「夢占い」という分野はあるが、実際にはなかなかに解釈が難しい。ただ“深く記憶に留まる夢”は、本人の潜在意識からの“何らかのメッセージ”である場合も多い。例えば私など、しょっちゅう会社員時代の夢を見る。会社の中で仕事をしているのだが、仕上げなければならない期日には到底間に合いそうもない。どうしよう。と言ったような夢である。これらは、もう会社員ではなくなって何十年にもなるので、その仕事からも離れて何十年にもなるので、本来であれば繰り返し見るような夢ではない。けれども、同じような設定で何度も見る。では会社員時代に、実際そういう状態があったのかと言えば、稀にはあったが普段は期日には余裕をもって仕事をしていた。だから、稀な現象でしかなかった。しかも実際の時には、そういう場合には“期日を引き延ばしてもらう”とか何らかの対策を施していた。つまり現実世界でも、あまり経験してこなかったような出来事を繰り返し何度も見ている。一体、どうなっているのだろう。それに比べて、残念ながらというべきか、なぜか「占い」に関する夢はまったく見ない。本当にまったく見ないのだ。ただ「夢」には、未来の“予兆”となる夢があることは事実だ。ただ、それが“ストレートな形”で現れることは少ない。そういう点では「占い」の予兆もまったく同様で、後から考えれば「驚くべき予言」と言えるようなことを全然関係ない時に行っている場合が多い。意識して行う予言よりも、さりげなく語った一言の方が、後になって「的中した」と言われることが多い。もしかすると私の場合、無意識に発した一言の方が価値を持っているのかもしれない。


最近の記事はこちら

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田桂一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す…続きを読む

事務所退所は「世界に挑む」ゴーサイン⁉

最近、芸能事務所を退所する芸能人が増えている。柴咲コウ、米倉涼子、栗山千明、長谷川潤、原千晶、菊池桃子、手越祐也…といった面々だ。さらに、昨日、ローラ氏と神田うの氏が加わった。どうして、今年に入って、…続きを読む

「本能的認識」と「差別」は異なる

「新型コロナ騒動」が起こってからというもの、世界は、あらゆることに関して過剰に反応する傾向が顕著になっている。これまでなら気にもしなかったことまで“神経過敏”に反応しているような気がする。その象徴とも…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.