今日の迷言・余言・禁言

「変貌した男」を演じる俳優・沢田研二⁉

主役として出演予定であった故・志村けん氏の代役に歌手・沢田研二氏が決まった。なかなか興味深い人選である。沢田氏の方から買って出たのか、或いは監督の山田洋次氏の方から依頼したのか知らないが、いずれにしても“単なる代役”とは根本的に異なる。ましてや、この作品で演じられる主人公は「ダメオヤジ」の設定である。そこが良い。近年の沢田研二は、若いころと違って、決してスマートなアイドルではなくなった。むしろイメージ的には「ダメオヤジ」に近い。だから、今の沢田研二であれば、“家族から見放されたギャンブル好きの親爺”でも違和感がない。昔、映画に携わっていた男…という設定も符合するから、山田洋次監督がどこまで沢田氏の“ダメっぷり”を引き出せるかにもよるが、決して単なる友情出演などではない。或る意味で“新たなコメディアン”が誕生するかどうか、そういう意味でも興味深い作品となる。この作品は二部構成になっていて、そのダメオヤジの若い頃は若手俳優・菅田将暉氏が演じる。つまり、年齢を経たことで、そして人生上の変化があったことで、人は“変わっていく”ということを暗黙のうちに物語る作品でもある。若き日の“恋のライバル”が登場する点では「男はつらいよ」にも共通する作品だ。沢田氏は38年前、山田洋次氏の「男はつらいよ」で今の奥さんと出逢った。そして少し“不倫の期間”を経て、後に正式に結婚した。そういう意味でも山田洋次監督は“人生を変える”きっかけを作った人物である。志村けん氏とは“コントで多数共演した”のだが、そしてなかなかのコメディアンぶりも発揮したのだが、なぜかアイドルのイメージは崩れなかった。容貌が邪魔をしてコメディアンとして変貌できなかったのだ。今なら、十分に“ダメオヤジ”でも演じられる。むしろ、志村氏よりも“ダメオヤジ”っぽくなれるかもしれない。若き日を菅田将暉氏が演じるのも良い。若き日の沢田研二氏からすると少し“甘さ不足”だが美男という点では合格点かもしれない。運命は変わる。人生は変わる。それを説教臭くなく感じさせるのが山田洋次氏なのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.