今日の迷言・余言・禁言

「名前」はウソをつかない⁉

昔から「名は体を表す」というが、ほんとうかもしれない、と思うことがある。インドからのニュースでそれを実感した。われわれは「日本」のような感覚で「インド」と口にするが、この国を“一括りにする”ことは出来ないのかもしれない。なぜならインドには“最先端”の地域もあるし、“未開発”の地域もある。インド北部は、どちらかというと“未開発”に属する地域だ。その北部地元TVの報道で、この3日間の間に密造酒を呑んだ人々が次々と倒れて病院へと運ばれた。現在までに70名が死亡し、他に20名ほどの重体がいる。なぜ、そのような事態になったのかというと、インド北部のウッタル・プラデーシュ州の人物が隣接しているウッタラーカンド州へと出掛けて密造酒を持ち帰り、地元周辺で大量に安く売りさばいたからである。これまでにも、ウッタラーカンド州で密造酒が造られてきたことは知られており、今に始まったことではないのだが、一気に死亡者が多数出ることがなかったため見逃されてきた事実がある。おそらく密造酒の中身に工業用メチルアルコールが含まれていたと推測されている。これは人体内で毒性化する危険な液体だが、安く手に入ってアルコール度数が強いので、酒として酔いやすいのが特徴だ。ただ徐々に失明するとか死亡してしまうなどの症状が出る。実は戦時中の日本でも、一時期出回ったことがあるのだ。さて、ここで私が注目したいのは「州」の名称である。ようく見てみると「州」の名称の中に、今回の事件のヒントが隠されている。つまり「ウッタラーカンド」という名称は「売ったらアカンど‼」と読めるではないか。それなのに、ここでは密造酒を安く売っていたのだ。また「ウッタル・プラデーシュ」という名称は「売ったるブランデー酒‼」と読めるではないか。実際、ここの住民が買ってきて、周辺住民に安く販売していたのだ。なんという偶然。そして、なんという真実。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.