今日の迷言・余言・禁言

「同性愛を治した」という大統領の発言⁉

フィリピンのドゥテルテ大統領というのは、その“見た目”も“行動”も“発言”も、なかなかにユニークである。その彼が先週、来日していた時の発言の中で“大いに問題となる発言”があったとフィリピンのオンラインメディア「ラップラ―」が伝えている。それは最近、彼の政権を脅かす存在になりつつあるアントニオ・トリリャネス上院議員に対して「彼の身体の動きは見るからに同性愛者だ」と揶揄するように断定。続けて「自分はかつて同性愛者だったが、自分で治した」と言ったらしい。う~ん、どちらの発言も問題だけど、どう見てもそんな風には見えないが…。百歩譲って、そうであったとして、どうやって、自分で治すのか。というか、治るものなのか。それに、もし自分自身がかつてそうであったのなら、そういう人達を揶揄できるものだろうか。いろんな意味で、疑問がいっぱいだ。彼は、こうも発言したらしい。「元妻のエリザベス・ジマーマンに出逢うまでは同性愛だった」ということは、この元妻が彼の同性愛を「治した?」ということで「自分で治した」という言葉とは矛盾するような…。ところが、彼は結婚後に治った(?)せいなのか「浮気をした」ということで、夫人の方から離婚されている。離婚後はどうかというと、入籍はしていないが内縁の夫人がいる。もちろん女性で25歳も年下だ。その夫人との間にも子供も居る。「治す」とかいう以前の問題として、彼は本当に“同性愛”だったのだろうか。確かに彼は、大統領になる以前は“同性愛”を認める法律を導入すると発言していた。ところが、大統領になってからはコロリと変わって「今や男にも女にもなれるからジェンダーはない、というのはアチラの文化だ」と、真っ向から否定している。「司教どもはろくでなしだ、連中の大半はゲイだ」と差別発言が目立つ。もう少し、ものの言いようがありそうな気がするが…。まあ客観的に見直すと、若い頃は「いろいろ体験した」というのが本音のような気がする。とにかく、良くも悪くも、政治家らしいといえば政治家らしい。“麻薬撲滅”に対してもそうだが、自分の地位・立場を脅かす者は徹底的に叩きのめし容赦しないという点で、確かに「フィリピンのトランプ」なのだ。


最近の記事はこちら

「乳房雲」「吊るし雲」「笠雲」が“雨を呼ぶ”

そういう雲があること自体、私は知らなかった。「乳房雲」という乳房に似た形の雲。「吊るし雲」という蛍光灯型の雲。「笠雲」という“股旅笠”に似た形の雲。それぞれの雲らしきものが画像などで紹介されているが、…続きを読む

「夫」が、家を出ていく時代

週刊誌からの記事を読んでいて、時代の変化を痛切に感じることがある。昔は「家を出ていく」と言えば、夫や姑に罵倒された“妻の姿”だった。私が子供の頃は、それが普通だった。けれども今は、妻に罵倒されて“夫が…続きを読む

64%が「婚活」の“出逢い”を休止

最近の調査によると、近年の“成婚者”の場合、4人に一人は「マッチングアプリ」などの“婚活サービス”を利用しているという。そういうものを活用する方が「結婚」に到達しやすい時代に入ったということだろう。正…続きを読む

「美白」に反応し過ぎる差別感覚

われわれ日本人にとっては“「白」=「美」”という感覚には、どうしてもならない。元々「白」の方が「黒」よりも“美しい色”という観念が存在していないからだ。例えば同じ日本人でも、沖縄に暮らしている人は北海…続きを読む

「モンブランの氷河」が溶け出したら…

「予想しにくいこと」というのが世の中にはある。アルプスの最高峰であるモンブランの“氷河が溶け出す”という現象も、現実にはなかなか予想しにくい。けれども、実際にもう“溶け出して”いるらしい。「地球温暖化…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.