今日の迷言・余言・禁言

「同性愛を治した」という大統領の発言⁉

フィリピンのドゥテルテ大統領というのは、その“見た目”も“行動”も“発言”も、なかなかにユニークである。その彼が先週、来日していた時の発言の中で“大いに問題となる発言”があったとフィリピンのオンラインメディア「ラップラ―」が伝えている。それは最近、彼の政権を脅かす存在になりつつあるアントニオ・トリリャネス上院議員に対して「彼の身体の動きは見るからに同性愛者だ」と揶揄するように断定。続けて「自分はかつて同性愛者だったが、自分で治した」と言ったらしい。う~ん、どちらの発言も問題だけど、どう見てもそんな風には見えないが…。百歩譲って、そうであったとして、どうやって、自分で治すのか。というか、治るものなのか。それに、もし自分自身がかつてそうであったのなら、そういう人達を揶揄できるものだろうか。いろんな意味で、疑問がいっぱいだ。彼は、こうも発言したらしい。「元妻のエリザベス・ジマーマンに出逢うまでは同性愛だった」ということは、この元妻が彼の同性愛を「治した?」ということで「自分で治した」という言葉とは矛盾するような…。ところが、彼は結婚後に治った(?)せいなのか「浮気をした」ということで、夫人の方から離婚されている。離婚後はどうかというと、入籍はしていないが内縁の夫人がいる。もちろん女性で25歳も年下だ。その夫人との間にも子供も居る。「治す」とかいう以前の問題として、彼は本当に“同性愛”だったのだろうか。確かに彼は、大統領になる以前は“同性愛”を認める法律を導入すると発言していた。ところが、大統領になってからはコロリと変わって「今や男にも女にもなれるからジェンダーはない、というのはアチラの文化だ」と、真っ向から否定している。「司教どもはろくでなしだ、連中の大半はゲイだ」と差別発言が目立つ。もう少し、ものの言いようがありそうな気がするが…。まあ客観的に見直すと、若い頃は「いろいろ体験した」というのが本音のような気がする。とにかく、良くも悪くも、政治家らしいといえば政治家らしい。“麻薬撲滅”に対してもそうだが、自分の地位・立場を脅かす者は徹底的に叩きのめし容赦しないという点で、確かに「フィリピンのトランプ」なのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.