今日の迷言・余言・禁言

「別人」として生きている人々

世の中にはさまざまな事情から“身を隠す”人たちがいる。たいていの場合は“誰か”には打ち明けて出ているものだが、時として誰にも告げず、突然、消えてしまうような人もいる。福井県で1997年4月に“行方不明”となった宮内和也氏もそういう人物の一人だ。その後の調査で海岸でジャンバーなどが見つかったところから北朝鮮に拉致された可能性もあるとして「特定失踪者」のリストに加えられていた。それから19年が過ぎ、先日、県外で発見・保護された。親族が確認したらしいが、まだ家族には会っていないという。「泣いて、泣いて、泣いて、どうしようもないくらいに泣いた」という本人の状況から、大体のことは察することができる。多分、彼は19年間「別人」として生きてきたのだ。どういう経緯で“発見”になったか知らないが、警察での事情確認は終わり“事件性はない”とされているので、本人の意思による“失踪”であったことは間違いがない。19年間の“空白”を埋めていくのは大変だが、まだ51歳なので“焦らず元に戻る”ことを考えればよい。おそらく、国内には、そして海外にも、何らかの事情から「別人」として生きている人たちが何人も、何十人もいることだろう。自らの意思で「別人」となった人、「別人」として生きる以外なかった人、半強制的に「別人」とさせられた人…などがいるに違いない。何しろ、年間10万人くらいの「失踪」届が出る。そのうち98%は1週間以内に発見される。最後まで分からないままの失踪者も年間千人くらいはいるらしい。今回の親族の方が「一瞬で本人と判った」と言っていた。「血は水よりも濃い」のだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.