今日の迷言・余言・禁言

「公開ムチ打ち」は苦しいけど気持ちいい?

みんなが見ている前で「ムチで打たれる」なんて絶対恥ずかしい。でも、これが意外と多いんだな。観たがる人が…。だって200人も集まるんだよ。やっぱり恥ずかしいんだろうな。打つ方もね。真っ黒い衣装で、頭にも黒い頭巾をかぶっているの。やっぱりねぇ。それで打たれているのは、やっぱり若い女性が多いわけ。結婚前にキスをしたとか、sexをしたとか、いったい誰が通報してるんだろう。だって、その時の下着とかまで並べるんだよ。こりゃ、たまんないって、そういう趣味? でも最近はね。同性愛でもつかまるんだよ。だからね。祭壇の上でね。男が男にムチ打たれるわけ。なんか違うんだよな。やっぱり、男の時には網タイツの女性とかにしてよね。せっかく“公開ムチ打ち”なんだから。えっ、行ってみたい。う~ん、ちょっと遠いよ。インドネシアの北西部。アチェ州というところ、女性はね、人前で肌を出しちゃいけないの。だから、服装チェックさ。よく昔やったよね。スカートの丈が何センチ短すぎるとか…。ああいうの。ここのは0センチ。つまり、スカートは足首まで隠れるやつでないとムチ打たれるの。だから、わざわざ地方からミニ履いて出向いて行く女性がいるらしいってホント? まあイスラム法だから趣味的な人以外は辛いらしいよ。男だってね、顎ヒゲ伸ばさなきゃ、いけないんだよ。僕なんか、顎ヒゲ乏しいから、すぐムチ打たれそう。で、だから、網タイツはどうなってるのって訊いているわけ。それでね。男にムチ打たれた若い男性が“ムチの痛さより、心の苦しみが大きい”って、言っていたそうな。そりゃ、そうだよ。だって、男に打たれるんだよ。トラウマだね。ん? 何かが違う。ところで“神様”って、男なのかな? 


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.