今日の迷言・余言・禁言

「入学」「就職」「転勤」の方位吉凶

昨年もそうだったが、今年はより以上に「引っ越し難民」が出そうなほど3月4月に引っ越しが集中するらしい。ただ今年は業者間での“提携・協力”が呼びかけられていて、その点では多少緩和するのでは…という予測もある。この時期に引っ越しが集中するのは、当然のことながら「入学」「就職」「転勤」が重なるからである。それ以外の引っ越しはおのずと手控えられる。もうすでに引っ越し先が決まっている人なら、少し早めに引っ越してしまうという“手”もある。特に「東」「西」「南」方位への引っ越しであれば…。どうしてかというと、これらの方位は今年の方位盤では「気学」の方位盤でも「奇門遁甲」の方位盤でも、あまり“良い方位”として示されていないからだ。しかも今年の場合、2020年の“年盤”と3月の“月盤”と、主要な部分が重なってしまう。つまり方位作用が3月5日~4月3日迄の間に引っ越した人達は強烈に働きやすい。もちろん好い場合にも強力に作用する。だから、幸運な方位の場合は3月の引っ越しはおススメなのだ。けれども凶運の場合は、それでなくても引っ越し業者から“雑に扱われやすい時期”なので、しかも料金的にも高いので、より“凶運”が身に染みることになる。特に、入学で「東方位」に向かおうとしている場合、就職で「南方位」に向かおうとしている場合、さらに転勤で「西方位」に向かおうとしている場合、より顕著に“凶作用”を受けやすい。だから、もしも可能であれば今月中とか遅くとも3月4日までに引っ越してしまった方が良い。方位の作用というのは、実は引っ越す日にちはあまり関係がない。厳密に言えば関係があるのだが、十日後には消えてしまうので、考慮しなくても良いということだ。“月盤”の作用は9か月間続く。したがって、引っ越し先での最初の一年に大きく作用する。その後になって“年盤”だけが作用し続ける。つまり、最初の9か月間は“月盤”と“年盤”のダブルで“凶方パンチ”を受けることになる。だから、可能ならば早めの出発が良いのだ。東方位の凶作用は、特に交通事故とか、ネット障害とかで現れやすい。南方位の凶作用は、愛の別れとか、目上との衝突で現れやすい。西方位の凶作用は、飲食生活上の問題とか、金銭面の浪費とかで現れやすい。まあ3月移動が覆せない人は、それらの事柄には特に要注意で新たな生活をスタートすることだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.