今日の迷言・余言・禁言

「入学」「就職」「転勤」の方位吉凶

昨年もそうだったが、今年はより以上に「引っ越し難民」が出そうなほど3月4月に引っ越しが集中するらしい。ただ今年は業者間での“提携・協力”が呼びかけられていて、その点では多少緩和するのでは…という予測もある。この時期に引っ越しが集中するのは、当然のことながら「入学」「就職」「転勤」が重なるからである。それ以外の引っ越しはおのずと手控えられる。もうすでに引っ越し先が決まっている人なら、少し早めに引っ越してしまうという“手”もある。特に「東」「西」「南」方位への引っ越しであれば…。どうしてかというと、これらの方位は今年の方位盤では「気学」の方位盤でも「奇門遁甲」の方位盤でも、あまり“良い方位”として示されていないからだ。しかも今年の場合、2020年の“年盤”と3月の“月盤”と、主要な部分が重なってしまう。つまり方位作用が3月5日~4月3日迄の間に引っ越した人達は強烈に働きやすい。もちろん好い場合にも強力に作用する。だから、幸運な方位の場合は3月の引っ越しはおススメなのだ。けれども凶運の場合は、それでなくても引っ越し業者から“雑に扱われやすい時期”なので、しかも料金的にも高いので、より“凶運”が身に染みることになる。特に、入学で「東方位」に向かおうとしている場合、就職で「南方位」に向かおうとしている場合、さらに転勤で「西方位」に向かおうとしている場合、より顕著に“凶作用”を受けやすい。だから、もしも可能であれば今月中とか遅くとも3月4日までに引っ越してしまった方が良い。方位の作用というのは、実は引っ越す日にちはあまり関係がない。厳密に言えば関係があるのだが、十日後には消えてしまうので、考慮しなくても良いということだ。“月盤”の作用は9か月間続く。したがって、引っ越し先での最初の一年に大きく作用する。その後になって“年盤”だけが作用し続ける。つまり、最初の9か月間は“月盤”と“年盤”のダブルで“凶方パンチ”を受けることになる。だから、可能ならば早めの出発が良いのだ。東方位の凶作用は、特に交通事故とか、ネット障害とかで現れやすい。南方位の凶作用は、愛の別れとか、目上との衝突で現れやすい。西方位の凶作用は、飲食生活上の問題とか、金銭面の浪費とかで現れやすい。まあ3月移動が覆せない人は、それらの事柄には特に要注意で新たな生活をスタートすることだ。


最近の記事はこちら

「東洋の神秘」が崩れ去る時

私は時々“東洋人”と“西洋人”には、“男”と“女”の違いにも似た“違い”を感じることがある。この人の場合など、その“違い”がプラスに働いた典型なのだ。その名は「こんまり」こと近藤麻理恵氏のことである。…続きを読む

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネ…続きを読む

「誰も悪くない」という奇妙な結論

裁判上の“争い事”には、時として“双方痛み分け”のような結論になるケースがしばしばある。この事件の場合、本来の主役は「無言」を貫く。あれほど騒ぎ立て、マスコミさえもリードし、全国のアイドルファンを味方…続きを読む

一寸先が「闇」から「金」へ⁉

予測しにくい状態のことを「一寸先は闇」というが、まさに「人の運命」はその代表的なものである。池江璃花子選手と言えば、水泳界における“我が国のホープ”である。ところが、昨年、予期せぬ“病魔”が彼女を襲っ…続きを読む

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.