今日の迷言・余言・禁言

「停職」ではなく「免許剥奪」が妥当

横浜市教育委員会は21日、昨年11月19日に市立の「特別支援学校」内で、全身不随で車椅子の生徒に対して暴力をふるった福田慎教諭(34歳)に「停職6ヵ月」の処分を与えた、と報道されている。福田教諭はトイレで車椅子の生徒の手が複数回当ったことに腹を立て、暴言を吐き、肩を殴ったり、胸ぐらをつかんで体をゆすったりした。その結果、生徒は頭をぶつけて2針縫うケガを負ったとされている。さらに、そのことを保護者から問われてウソを言い、上司に対しても虚偽の報告を出していた。今年2月に「暴行罪」で略式起訴により罰金30万円の判決が下された。この事実を踏まえての教育委員会の処分が「停職6ヵ月」だというのだ。私には、とても妥当な処分には思えない。私が問題視したいのは、これが通常の学校ではなく「特別支援学校」であるということだ。つまり、この生徒は“特殊な生徒”ではなく、この学校にとっては“同様な生徒たち”の仲間の一人であるということだ。つまり、この学校に“教諭”として勤めるということは、最初から“そういう子供達”を教えるということを前提として勤務しているはずだということである。そうだとすれば、健常者としての“普通の生徒”を教えるよりも、はるかに忍耐強さとか、理解力とかを持っていることが条件となる。ところが、彼は、彼らに対しての理解や温情が最初から窺われない。つまり、そういう学校に教師として勤めてはならない人物なのだ。したがって、教育委員会が「停職6ヵ月」として、また復帰できる余地を残したことが、私には理解できない。「犯罪としては重大ではないから…」「略式起訴で済んでいるから…」というのが委員会の理由なのかもしれない。けれども、彼には反省がない。もし反省があったのなら、保護者に嘘をつくはずがなく、上司に虚偽を言うはずがない。そういう人物が、再び半年後に「教壇」に立つ。果たして、それを認めることが教育委員会として妥当な処分と言えるのだろうか。しかも、昨年11月に起こった事件なのに、半年以上も放置してきている。どうして発覚して、すぐ処分できなかったのか。普通学校でさえ問題ありの人物を、特別支援学校でそのまま“教えさせた”こと自体が、問題ではないか。おそらく生徒たちは、その教師の言うことに逆らえなかったであろう。暴言や暴力を受けるからだ。


最近の記事はこちら

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.