今日の迷言・余言・禁言

「俺、地球人だし…」を流行らせよう⁉

アメリカ大リーグで活躍するダルビッシュ有氏に対して、ツイッター上で「イラン人」という表現を使った投稿者に対して「まず俺日本人だし、ずっと日本で育ってきてるから、冗談でも日本人じゃない的な言い方をされるとうれしくないよなぁ」と反応し、続いて「そもそも完全な純血ってどれぐらいいるんだろうか」と疑問を投げかけている。なるほど、彼自身はそういう風に思っていたのか。私は日頃の彼を良く知らないが、何となくの印象で言えば、高校球児として騒がれ出した当初は“田舎もん”的な雰囲気が強くて、どちらかと言えば“無口な少年”のように思えた。日ハムに入った当時も、東北訛りが抜けていなくて“素朴な青年”という印象だった。それが、いつの間にか美女と結婚し、日ハムのエースとなり、離婚して話題となり、優秀な成績で大リーグへと旅立った。そして大リーグでも活躍して外見的にも逞しくなり、その発言も明確になっていった。再婚相手も意外だったが、今度は順調なようである。この頃から、おそらく一般の日本の方達にとってはダルビッシュ氏の「明確な物言い」が、時として“日本人離れ”しているように感じられ始めたに違いない。けれども、人は年齢によっても、暮らしている環境によっても、性格を徐々に変えていく。彼が少しづつ“アメリカ的な個性”を身につけたとして不思議ではない。それこそが、おそらく「イラン人」との“斜め的な観方”になったのだろう。そして、そういう観方に対して「俺日本人だし…」と反論したところが大変興味深い。人種のルツボである「アメリカ」の中で、彼は「日本人」として「世界のサムライ」として頑張っているのだ。日本から世界に飛び出して活躍する人の多くが、嫌でも「日本人」を意識する。そして一度は「人種」や「民族」というものを考えさせられる。人種差別が横行する国では、それが当然なのだ。特に今のアメリカは「アメリカ第一主義」を旗印に掲げる大統領が仕切っている。いや、アメリカだけではない。ヨーロッパでも、それぞれの国が「人種」や「民族」というものを改めて重視し始めている。これに「宗教」というものも絡んで、近年までは当然のように叫ばれた「世界は一つ」という表現がしぼみつつある。どこをどう探しても「世界は一つ」になれそうもない。私なども「地球人」と「宇宙人」との間に産まれたハーフだが、ずっと「地球人」だと言い張ってきたが、もう、そろそろ限界なのだろうか。


最近の記事はこちら

「まっとう」ではあるが「正しく」はない

TBS系のTV情報番組が元で、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏と実業家の堀江貴文氏との間で“奇妙なバトル”が勃発している。簡単にいうと、薬物などの使用者に対して杉村氏が「逮捕される前に自首すべき」と…続きを読む

「24節気」の持っている“予言力”

よくニュースなどで「暦の上では…」という表現を使う。その場合の「暦」とは“24節気”に基づく「節気暦」を指している場合が多い。その節気暦からすると昨日が「大雪」に当たる。東北や北海道の一部では、まるで…続きを読む

「我が生き方」貫く耳の「くの字型」内郭

「人は見掛けによらぬもの」という教えがあるが、実際、そう思うこともあれば、思わないこともある。合成麻薬所持で逮捕となった沢尻エリカ容疑者の場合はどうだろう。「見掛けどおり」と思う人もいるだろうし「見掛…続きを読む

中村医師は「IS」存在誇示の標的となった

アフガニスタン周辺が“危険な地域”であることは誰もが知っている。けれども、少なくとも支援活動をしているNGOに対して銃口を向けることはないだろう…という甘い観測が、平和な国で暮らしていると、どうしても…続きを読む

「反面教師」が「血が流れる娘」に変貌する時

歌手・女優の神田沙也加氏と俳優の村田充氏が“離婚していた”ことが明らかになった。結婚当初は「おしどり夫婦」としてマスコミに取り上げられていただけに、あまりにも早い離婚劇が驚きを与えている。正直、私も、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.