今日の迷言・余言・禁言

「便利」などいらない「希望」が必要なんだ

いつの世の中でも“食み出す”人達は居る。けれども、その“食み出す”人に“寄り添う”人がいれば、“ささやかな希望”でも見出すことが出来れば、人は生きていける。その両方が失われてしまうと、人は「未来」に“絶望”しか抱かない。こうして自殺者が増えていく。今年10月の“自殺者数”が2153人で昨年同月より40%も増えたそうだ。どんなに世の中が便利になって、昔とは比べ物にならないくらい“暮らしやすく”なっても、そういうことで人は幸福は得られない。幸福となるには“お腹の中”を満たすことも必要だが、“心の中”を満たすことも必要なのだ。どちらが欠けても、生きていくのは辛くなる。話を元に戻して、今年10月の自殺者だが、男性1302人に対して女性851人と圧倒的に男性が多い。それは多分、仕事とか、お金とか、人との関係とか、男性の方が窮地に追い込まれた時、助けを得られにくいからだ。例えば予期せぬ形で会社が倒産する。或いは会社からリストラに遭う。今年の場合には、それだからと言って、どこかに助けを求められるかというと、これが難しい。小さな会社の場合、倒産にしろ、リストラにしろ同じようなもので、その後の“保障”が得られない。本人がまだ若ければ、こういう“ご時世”であっても就職活動に奮闘することが出来る。ところが50代に入っていると、男性の再就職は大変に難しい。もちろん“生活保護”という手はある。けれども、50代前半で健康な男性なら、その対象となるかも微妙である。それに、自分に落ち度があってリストラになったのならともかく、別に“落ち度”などなくて、世の中の変化・事情のようなものが原因でリストラされてしまった場合、本人的に“無念”の気持が強い。どこにももっていきようのない“悔しさ”や“虚しさ”のようなものが付き纏う。それでも、本人に多少の“蓄え”があって、生活を立て直す時間があれば“新たなる生き方”を考えることも出来る。もし蓄えもなく、家族も身近に居なければ、待ったなしで生活が追い込まれていく。もし「未来」に“希望”があれば、生きていける。時として「占い」は、その“微かな希望”として“命綱”として輝きを発することもある。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.