今日の迷言・余言・禁言

「仮面」を剥がしたくなる「占い師」

正月用のTV番組を見ていて、私には釈然としないことが一つあった。深夜番組でもないのに、TVに“仮面をつけて”出ている占い師の居たことだ。なぜプロレスラーでもないのに仮面をつけているのか。そんなに顔を晒したくないなら、最初からTVになどでなければ良い。しかも、ごく“普通の主婦っぽい顔立ち”をしているから、なおのこと違和感がある。もう少し“ヤバい系”とか“濃いメリハリ系”の顔立ちなら、まだ“違和感”は薄れるのだが…。どうしてTV局というのは、こんな“小学校の学芸会もどき”のことをしたがるのだろう。勘違いされたくないので、一応言っておくが、私はTVに出たいからこんなことを言っているのではない。私はTVを見る時に、あくまで一視聴者として観る。占い師の側に立ってみるようなことはない。だから、むしろ“制作サイドの側”に立った時に、異論が出ないことが不思議で仕方がないのだ。もう一つ、誤解されるのも嫌なので、その仮面占い師というのは水晶玉子氏のことである。この人、元々顔の横幅が広い。だから仮面は似合わない。もし顔を出すのが嫌なら、最初から頭巾をかぶれば良かったのだ。ところが最初は“背面写し”でTVに出ていた。そこまでして顔を出したくないものを何故TV局は引っ張り出すのか。大体、この人が引っ張り出されたのは、同じく“仮面をつけている”ゲッターズ飯田氏が「尊敬している」と吹聴したからなのだが、大体、このゲッターズという人物自体が“吉本興業の回し者”で、吉本が束になって宣伝しているだけの人物でしかない。何度も言うが、私は自分がTVに出たいからこういうことを言うと思われるのが嫌なので、言うことを控えて来たのだが、もしTV局が“タレント的占い師”を望むのであれば、最初から完全に“タレント占い師”として養成すれば良い。昔は「銀座ジプシー」という文字通り“頭巾型占い師”が居た。それはそれで興味深かったものだ。蛇神様からのお告げを告げる“へんてこ占い師”もいた。かえって、そういう風に最初から“エセ占い師”として登場させた方が違和感を持たずに済む。中途半端な“当たる占い師”などとしてTVに出すのだけはスッキリしないので止めた方が良い。


最近の記事はこちら

「豪」→「比」→「 」の自然災害

ご存じのように「豪=オーストラリア」の“森林火災”は自然災害だ。そして今月12日「比~フィリピン」の“タール火山”が大噴火した。ただ、これは序章であって、もっと“大きな爆発的噴火”が起こる可能性もある…続きを読む

インターネットが「中国」を変えた

私が中国を初めて訪れてから、もう25年以上が経つ。だから、国として変わっていくのは当然なのだが、それにしても大きく変わったと思う。或る記事に、最近の中国でSNS上に投稿された何枚かの写真と説明が“論議…続きを読む

「匿名中傷者」を減らす第一歩

世の中には“顔”や“名前”が出なければ何をやっても良い、という困った考えの持ち主がいる。本人としては「罪」としての意識が低いのかもしれないが、“ネット上の批判や中傷”も度が過ぎれば当然「犯罪」の範疇に…続きを読む

「金銭感覚」は人さまざま

9年ぶりの映像として元タレント島田紳助氏がYouTube「misonoチャンネル」に出演した。おそらく近年苦境に立っているmisono氏の“チャンネル登録者数”を増やすのに一役買ってやりたかったのだろ…続きを読む

「充実の40周年」&「荒廃の40周年」

厳密に言えば片方は来年が40周年で、もう片方は昨年が40周年だった。けれども、どちらも“40周年”を強調してアピールしている。来年40周年の方が「歌手デビュー40周年」の薬師丸ひろ子氏であり、昨年40…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.