今日の迷言・余言・禁言

「仮想通貨」並みに増えていく「世界遺産」

現在「世界遺産」と呼ばれるものがいくつあるか知っているだろうか。何んと1000件を超えているのだ。したがって、どんなに“遺産巡り”が好きな人であっても全部はまわれない。しかも、その数は「仮想通貨」並みに増えていく。ちなみに「仮想通貨」と呼ばれるものも現在は1000種類を超えている。そのどちらもが、徐々に増えていく。増えていくとどうなるのかというと、その価値が薄れる。例えば「世界遺産」の本を出そうとする。そうすると1冊で全てを紹介するのは難しい。「仮想通貨」も同様で、全てを紹介したような本は発売されていない。この、どちらもが半ば強引に“増やしている感”が否めない。昨日、世界遺産センターは日本から登録要請されていた「潜伏キリシタン関連遺産」を登録する予定であると日本政府に報告した。これで新たな“観光スポット”が、また一つ誕生したことになる。ただ、それによってやってくる観光客たちを「潜伏キリシタン」の地であった長崎、島原、天草の“眠れる墓標の人々”は歓迎するのだろうか。日本の“カクレキリシタン”の信仰は一種独特である。決して、一般のキリスト教徒ではない。その証拠に黒崎には「枯松神社」と呼ぶ“聖ヨハネ”を祀った奇妙な神社まである。長崎には聖母マリアの姿をした墓標も多く残されている。“カクレキリシタン”は、現在でも細々と継承されているが、未だに“表立っての活動”はしないし、キリスト教徒と同一視されることを嫌う。あくまでも「隠れ」キリシタンなのだ。しかも、彼らは「キリスト」を信じたのではない。ここは多くの人が誤解しているが、彼らは「マリア観音」信仰なのである。常に“虐げられ”続けてきた彼らは、どんな“罪”でも許してくれる“母なるマリア”を信じたのだ。厳密に言えば、宣教師によって教えられた信仰形態ではない。見つからないように仏教の「慈母観音像」を“マリア像”に見立てた。中には石仏の背面に“十字形”を刻んだ「背面十字地蔵」と呼ぶものまである。まあ、私もロザリオを身に付けたり、仏壇に向かって読経したり、神棚に祝詞を報じたりするので、ちょっと似ているかも…。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.