今日の迷言・余言・禁言

「仮の住まい」が「本当の住まい」になる時

人間の運命には、時として“計算できないこと”が起こる。2011年3が11日に起きた“東日本大震災”もそうだった。多数の人達が、その犠牲となり、多くの住居が一瞬にして失われた。“茫然自失”という言葉があるが、テレビで見ていた私たちでさえそうだったのだから、震災によって家族を失い、住居を失った人たちの心の中は、未だ“茫然自失”の日々が続いているのかもしれない。けれども、われわれはどんなときにも生きていかなければいけない。突然、住居を失っても、それが天災の場合には、その理不尽さをどこにも訴えようがない。黙って“仮設住宅”に入るか、親戚、知人の住宅に身を寄せるかしかないのだ。そういう時、われわれは初めて「運命」というものの存在を実感する。嫌でも認めざるを得ないのだ。そして一時的に“仮の住まい”に入って当面を過ごす。ところが、最初は“仮の住まい”として入ったはずの住居から、なかなか抜け出せなくなる時がある。自分の中では、あくまでも“とりあえず”と思って入ったのに、そこから身動きが出来ない状況が続くことがある。実は、運命とは不思議で、長い人生の中では、多くの人が“そういう一時期”を体験している。もちろん、それが4~5日で終わることもあれば、1か月以上続くこともある。1年以上に及ぶこともあれば、十数年にわたって続くこともある。“仮の住まい”だったはずのところが、いつの間にか“本当の住まい”でもあるかのように続いてしまうのだ。実際、大震災から6年たって、全国に散らばった避難者たちのうち、その後も“避難生活”を続けている人たちが12万人以上もいる。その内、仮設住宅に入ったままの人達だけでも3万4000人だ。もちろん、仮設住宅というのは本当の住宅とは違って、住宅としての設備が不十分であり、東北地方の寒さに耐えられるつくりではない。世界には信じられないほど多数の“難民たち”もいる。「本当の住まい」は、そう考えなおすとそのことごとくが“立派な住まい”に変貌する。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.