今日の迷言・余言・禁言

「令和」に“台風の眼”となるか「新選組」

占い師をやって長いのでたいていの人は“どういう人か”“何を考えているか”すぐにわかる。けれども、そういう私でも、よく解からない人物がたまにいる。その代表的人物とでもいえるのが「れいわ新選組」を創設した山本太郎氏だ。この人は、なかなか“掴みにくい”。私は総じて“ユニークな人物”は好みの方なのだが、この人に関しては単純に“好き嫌い”から言えば好きではない。けれども、この人の発想の中に或る種“可能性”を感じる部分もある。そういう意味では今もっとも「台風の眼」となって暴れそうな予感を、この人から感じる。その「れいわ新選組」が昨日、新たに三人の候補を公表した。中でも注目されるのは「沖縄創価学会壮年部」に所属しているアルバイト・野原善正氏(59歳)だ。現役の創価学会員が「れいわ新選組」から選挙に出るというのだ。同じような試みは「新党大地」代表・鈴木宗男氏が「維新の会」から出ることで、それでも良いんだと認識して間もない。けれども、これまでの選挙において“創価学会=公明党”という図式は誰もが感じて来たことで、それを覆すというのだから、山本太郎氏はもちろんだが、この野原善正氏も中々に“勇気ある人物”であることは間違いがない。この野原氏だけでなく「れいわ新選組」から今回の参院選に立つ候補者たちの顔ぶれば、いずれも“異色”である。拉致被害者・兄の蓮池透氏(64歳)、セブンイレブンのオーナー歴9年の三井義文氏(62歳)、女性装の東大教授・安冨歩氏(56歳)、脳性麻痺重度障碍者の木村英子氏(54歳)、日本自然保護協会の辻村千尋氏(51歳)、元JPモルガン銀行為替ディーラーの大西恒樹氏(55歳)と、何を基準に集めているのかよくわからないが、とにかく多彩な顔触れであることは間違いがない。しかも、それぞれが“何を主張したいか”“政治家として何に力を注いでいくか”大変にわかりやすい。そういう意味では“寄せ集め”ではあるが、政治集団の方向性としては、間違いなく最初から見えている。問題は、これらの人達が果たしてそれぞれの主張や考え方を本当に共有できているのか、党として“矛盾なく一体化”出来るのかという点であろう。少なくとも政治の右も左もわからないけれど、芸能人として「名前だけを知られている」人たちを寄せ集めて立候補させる作戦より、はるかに効果的であることは間違いがない。そして、まだほかにも数人出すのだとすれば、どういう人達になるのか、台風襲来の時期に「令和」幕開けの「台風の眼」になれるのか、大変に興味深いところではある。


最近の記事はこちら

「まっとう」ではあるが「正しく」はない

TBS系のTV情報番組が元で、元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏と実業家の堀江貴文氏との間で“奇妙なバトル”が勃発している。簡単にいうと、薬物などの使用者に対して杉村氏が「逮捕される前に自首すべき」と…続きを読む

「24節気」の持っている“予言力”

よくニュースなどで「暦の上では…」という表現を使う。その場合の「暦」とは“24節気”に基づく「節気暦」を指している場合が多い。その節気暦からすると昨日が「大雪」に当たる。東北や北海道の一部では、まるで…続きを読む

「我が生き方」貫く耳の「くの字型」内郭

「人は見掛けによらぬもの」という教えがあるが、実際、そう思うこともあれば、思わないこともある。合成麻薬所持で逮捕となった沢尻エリカ容疑者の場合はどうだろう。「見掛けどおり」と思う人もいるだろうし「見掛…続きを読む

中村医師は「IS」存在誇示の標的となった

アフガニスタン周辺が“危険な地域”であることは誰もが知っている。けれども、少なくとも支援活動をしているNGOに対して銃口を向けることはないだろう…という甘い観測が、平和な国で暮らしていると、どうしても…続きを読む

「反面教師」が「血が流れる娘」に変貌する時

歌手・女優の神田沙也加氏と俳優の村田充氏が“離婚していた”ことが明らかになった。結婚当初は「おしどり夫婦」としてマスコミに取り上げられていただけに、あまりにも早い離婚劇が驚きを与えている。正直、私も、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.