今日の迷言・余言・禁言

「今」を生きるということ

人には誰でも「輝いている時」があります。或いは忘れ難い「運命の時」があります。そこから「人生の歯車」をぴたりと止めてしまう人がいます。まるで時間が止まってしまったかのように、そこから動こうとしない人がいます。けれども、駄々っ子がしゃがみこんでも誰もそれに手を貸すことがないように、結局は本人が泣きながら立ち上がって“母親を追いかける”幼児のように、気持ちを切り替えるしかないのです。戻らない過去を追いかけるより、未来に駆け上っていく勇気を持つのです。


最近の記事はこちら

「不協和音」は不協和音を生み出した⁉

アイドルグループ欅坂46で不動のセンターとされた平手友梨奈氏が「グループ脱退」を発表した。アイドルグループで使われる「卒業」ではなく自らの意志で「脱退」という表現を択んだらしい。強烈な個性でグループを…続きを読む

「恋」は「世間に謝罪」すべきものなのか

文春報道で俳優の東出昌大氏と女優の杏氏とが別居していることが明らかになった。そして同時に、東出氏が共演女優・唐田えりか氏と“不倫”したことがその決定的原因であるとも報道された。それらの報道を受けて、不…続きを読む

中国の「春節」は「日本」が1位

それが何であっても、1位に選ばれるのは気持ちが良い。ましてや“おめでたいこと”ならなおさらである。このほど中国の旅行予約サイトで、興味深いランキングが発表された。今年の春節期間中、どこに出掛けるか、そ…続きを読む

「日本刀」で、妻と弁護士の魂を分つ⁉

アメリカ人には時々、ユニークな行動を真顔でとる人がいる。カンザス州に暮らすデビット・オストロム氏もそういう一人だ。彼は今、妻から“離婚訴訟”を起こされ、その内容にひどく憤慨していた。そこで彼は真摯に裁…続きを読む

1日16時間で「歌う弁護士」になる⁉

或る雑誌に、12歳から芸能活動を始め、17歳で歌手になってTV番組エンディングでも使われ、その後大学に入って大学院まで出て外資系製薬会社で働き、33歳から別な大学で法律を学び、5年後に司法試験を突破し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.