今日の迷言・余言・禁言

「人類滅亡」“火付け役”が「凶災の年」に死亡

1973年11月、その後、日本中で論議を巻き起こした一冊の本を上梓する。五島勉氏による『ノストラダムスの大予言』の発売である。丁度、その頃、日本はなぜか“超能力ブーム”・“オカルトブーム”・“精神世界ブーム”の始まりに差し掛かっていた。高度成長期で、新しいものがどんどん生まれ、庶民の暮らしが豊かに変わり、繁栄を謳歌していたが、その一方で将来に対して“漠然たる不安”が頭をもたげて来ていた時期でもあった。そういう絶妙なタイミングの中で『ノストラダムスの大予言』は発売された。元々、女性週刊誌のライターであった五島勉氏は「1999年7の月…」で始まるノストラダムスの“予言詩”を女性達にも理解できるように、当時の世相とも絡めて、かみ砕いて解説した。その結果、この本の“人類滅亡説”は女性たちだけでなく、十代の若者の間であっという間に広まった。これに、飛びついたのがマスコミだった。まことしやかに、20数年後にやって来る“人類滅亡説”説が空前のブームを呼んだのだ。そして250万部ものベストセラーとなった。確かに「1999年7の月…」という“終わりそうな年号”も、妖しさを演出した。多くの人は知らないが、五島勉氏は“ロシア正教”の家庭で育った。そのことが後に「ノストラダムスの世界」を語る上で重要な役割を果たした。なぜなら、ノストラダムス自身も、キリスト教の信仰を背景として持っていて、どこか“信仰者の予言書”になっている部分が、彼の四行詩にはあるからだ。占星家として有名だったノストラダムスの“抽象的な難しい予言詩”は、16世紀にヨーロッパ各国で発売されたが、実際にはそれほど売れた書籍ではない。大体が、わざと抽象的に難しく書いてあって、或いは比喩的に書いてあって、文学や語学の素養の無い人が読んでも、よく解からない内容になっている。そういうものなのに、数百年にわたって、さまざまな研究者が解釈を試みている。日本では「1999年7の月…」で始まる四行詩だけが取り上げられがちだが、それ以外にも多数の“予言”が述べられている。ただ、わざと“順不同”にしてあって、そういうところも彼らしい。彼は自らの「死」についても予言してあり、実際、その通りの死に方で発見された。今年、90歳を迎えた五島勉氏は「防ぎようのない自然災害の年」の訪れを待っていたかのよう、ひっそりと6月に亡くなった。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.