今日の迷言・余言・禁言

「人気稼業」の“光”と“影”

俳優・三浦春馬氏の“自殺”から数日たったが、いまだその波紋は消えていかない。私は翌日にブログの中で、彼の生年月日からの分析を投稿した。その観覧数は、通常の観覧数の十倍くらいあって、一般の方々の関心度の高さが窺われる。おそらく、多くの方々は“死に繋がった直接原因”を知りたいのだと思うが、私には“運命学的な推理”があるが、それは証拠の無いことで、公表するわけにはいかない。おそらく、同じような勘の良い週刊誌記者がいるかもしれないが、確証は取れないはずで闇に包まれ終るだろう。彼は、一つの“重要な教訓”を「人気稼業」を志す人たちに与えた。それは「人気」を得たからといって、芸能界において「才能」を発揮したからといって、それによって“心が安らぐ”ことはないし、“孤独が埋まる”ものでもない。心の安定とか寂しさとかは、世間が与えてくれるものではない。実は、三浦春馬氏とは違った形で「人気稼業」の幕を閉じた人物がいる。元AKB48の渡辺麻友氏である。少し前に、彼女もまた、自ら「芸能界」を引退した。本来なら“休業”という形でも良いはずなのに、そういう形はとらずに「引退」をした。彼女もまた、誰もが認める“一流芸能人”であり“完璧主義者”であった。おそらく彼女の場合には、やがて「人気」とは関係のない“新たな世界”へと向かって歩みを初め、そこで“生きがい”を見出していくことであろう。「芸能界」のような一見“華やかに見える世界”には、当然のことながら「光」もあれば「影」の部分もある。人気稼業としての自覚が強いと、その「影」の部分を“視られる”ことを極端に嫌う人達が出てくる。虚像としての「芸能人」を自ら演じ続けようと、無意識に努力してしまうのだ。どこかで「裸になる部分」がないと、そうし続ける自分自身にも嫌悪感が強まっていく。これは必ずしも芸能界だけの話ではない。どのような世界においても、多少はそういう面がある。ただ「人気稼業」は嫌でも“多くの眼”にさらされているだけに、内面的葛藤が激しくなりやすい。自分を“曝け出せる人”は葛藤を持たなくて済むのだが、どうしても「虚像」を大切にしたい人には、それが出来ない。だから三浦氏や渡辺氏を教訓にした方が良いのだ。自分を“曝け出す”のが苦手な人は、決して「人気稼業」を選択してはならない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.