今日の迷言・余言・禁言

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻が“病身”であるので、小室氏の“言いたいこと”はよく解かる。近年の週刊誌報道に関しては、さまざまな人達が“疑問”や“批判”を述べている。日本のマスコミだけを特別視している人もいるが、近年の“暴露報道”や“セクハラ・パワハラ・倫理・差別”などの摘発は世界的な現象であり、“ツイッター”や“ライン”や“インスタグラム”や“ブログ”や“ユーチューブ”などの共有情報が、それらに加担していることは否めない。昔「知り過ぎたのね」という歌の歌詞があったが、われわれはいま“知り過ぎる”ことでのいろいろな問題を抱えつつある。最初に示したように、人は大昔から“悩んで”生きて来た。その中で、さまざまな発明が生まれ、さまざまな芸術も生まれた。多くの人は気付いていないが、さまざまな発明・発見は“悩み”の中から生れている。さまざまな芸術や芸能も“悩み”の中から生れている。多くの偉大な芸術作品は“悩み・苦しみ”がもたらしたものなのである。例えばゴッホの絵画にしろ、ピカソの絵画にしろ、その根底には“苦悩”があり、“叫び”があった。そして、彼らの私生活は一般的にいえば、必ずしも“褒められたもの”ではなかった。芸術家の中には“倫理的な観点”から見ると、“人間失格”の人物もいる。偉大なる科学者とか発明家にしても、倫理面だけで言えば問題のあった人物は何人もいる。そういう過去の歴史の積み重ねの上で、われわれは生きている。何が正しいか、正しくないかは、本当のところ“神様”にしか判断できない。ただ確かなことは、時代がどんなに進んでも、だから“幸福な人が増えていく”というのは幻想にすぎない。人は最終的に“悩みながら”生きていくのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.