今日の迷言・余言・禁言

「乳房雲」「吊るし雲」「笠雲」が“雨を呼ぶ”

そういう雲があること自体、私は知らなかった。「乳房雲」という乳房に似た形の雲。「吊るし雲」という蛍光灯型の雲。「笠雲」という“股旅笠”に似た形の雲。それぞれの雲らしきものが画像などで紹介されているが、一番のお気に入りは「吊るし雲」で、この形をした一部の雲は、蛍光灯というよりも“UFO型”にしか見えない。「乳房雲」は残念ながら“乳房”というより、たわわな果実の連なりのようで、官能が刺激されることはない。これらが出現するのは、気象が変化する直前、その多くは豪雨や風雨が来る直前とされている。大抵の場合は青空に浮かぶので、パッと見は“へんてこりんな雲”くらいにしか思わない。けれども、その後、急速に天候が変化してきて大雨や強風へと変化するらしい。それにしても、こういう雲が存在していたこと自体、私は知らなかった。雲と言えば「積乱雲」とか「鱗雲」とか「地震雲」くらいしか、形としての印象はない。もしかすると、これらだけではなくて、もっといろいろな興味深い雲の形が存在しているのかもしれない。もう少し、こういう“雲の形”と天候との関係などを、子供の時に詳しく教えられていれば、後になって役立ちそうな気がする。いや、もしかすると、学校では教えているのか。教えられてはいても、忘れているだけなのか。少なくとも「地震雲」については、民間で言われているだけで気象庁が認めた“雲の形”ではない。けれども、亀裂が走ったように出現する「地震雲」は大地震の直前に各地で目撃されている。少なくとも、天気予報士の人達は気付いても良さそうな気がするのだが…。良く、魚師の人達などは沖合の雲を見て、翌日の天気が解かるという。そういう経験と勘とが生み出す予報というのは外れることがない。天気予報士というのは今では相当数いるのだから、魚師に負けるのでは心もとない。地震でも、雷でも、豪雨でも、強風でも、天気図さえ見ればたちどころに予見できる人物の一人や二人出て来ても良さそうなものである。出でよ、雲を見る天才⁉


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.