今日の迷言・余言・禁言

「乙武」氏と別れた妻子が“背負う十字架”

今年の春に“不倫報道”が週刊誌にすっぱ抜かれ、その後、別居していた乙武洋匡氏夫妻が正式に離婚した。乙武氏に関してはさまざまな報道が既に出ているので、それらにはあえて触れない。私が思うのは離婚された妻・仁美さんと三人の子供たちの今後についてである。仁美さんは、乙武氏との離婚について、子供たちにどう伝えたのだろうか。乙武氏は、自身の言葉として「今後も父親であることに変わりはなく」「責任をしっかり果たしていく」などと綴られている。おそらく、この文言からすると、養育費は払い続ける、時々逢わせてもらう、という条件で合意したのだろう。大学時代から一緒だった仁美さんは、あらゆる意味で“乙武氏を知り尽くしている”から、自分が“妻であった”ことに後悔はないだろう。そして未練もないだろう。或る意味、彼女は“大きな子供”を15年間、育てたのだ。そして“本当の子供たち”の方を向いた時、離婚を決断したに違いない。子供たちに対して、どう伝えたのかは知らないが、子供たちがどう受け止めたかは、年齢から考えても、それぞれが微妙に異なっているような気がする。但し、全員「五体不満足」の父親を持った十字架は背負わなければならない。いやでも背負わなければいけない。乙武氏自身は“障碍者との交流を嫌った”というが、子供たちはどうするのだろう。“健常者”を選ぶのだろうか。パラリンピックを見るだろうか。「乙武」という珍しい姓を名乗り続けるのだろうか。『五体不満足』を読むのだろうか。年老いた父親に“手を差し伸べる”だろうか。もし、今後、仁美さんに“ふさわしい男性”が出現したとき、子供たちはどう反応するのだろうか。


最近の記事はこちら

なぜ日本の男性未婚率は“急上昇”したか

発売されたばかりの『データで読み解く「生涯独身」社会』という本が注目されている。データを基として、日本の男女の“未婚率”や“交際率”や“結婚願望”の比率などを示し、特に男性における「生涯独身」が、今後…続きを読む

韓国の芸術家達は、どうして怒らないのか⁉

韓国がまたベルリンに「慰安婦像(平和の少女像⁉)」を設置したらしい。私は、いつも思うのだが、どうしてこんな“センスのかけらもない”彫像を世界のあちこちに設置するのだろう。そして、韓国にだって芸術家はた…続きを読む

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.