今日の迷言・余言・禁言

「不正データ」が41万人を苦しめる

三菱自動車の「燃費不正データ」問題が“大事”になってきている。車産業は、日本の輸出産業の中でも“すそ野が広い”業種として知られている。“すそ野が広い”とは、それに関連した企業で“働いている人達が多い”ということである。三菱自動車の場合、その下請け企業はなんと7800社、従業員は41万人に上る。つまり、三菱自動車に“不正問題”が発覚し「燃費の良い車」として宣伝されていたことが“嘘だった”ことで傷つく人達は、当然“それを購入していた人達”もそうなのだが、それ以上に“それを作っていた人達=41万人”に大打撃を与える。彼らは「それ」で生活をしてきていたのだ。当たり前の話だが、生産は一時的にストップする。もちろん、車の売れ行きは急減する。何しろ「それ」が“売り”だったのだ。車の生産がストップすると、当然、下請け企業の「存続」に関わる問題になる。下請けの従業員は41万人だが、その家族が付随している。それらの人達にも影響が及ぶ。大企業に問題が生じると、実は一番“打撃”を受けるのは、名もない下請けの“零細企業”なのだ。大企業に“部品の一部分”を納入していたような従業員3人~8人程度の零細企業が“一番の被害者”となる。彼らには「その後の保証」がない。「運命」が閉ざされるのだ。そういう人達が日本にはごまんといる。なにも“悪いことはしていない”のに、突然、人生を“狂わされる”人達がごまんといる。彼らは“大きな不安”を抱えながら、今日も黙々と作業を続けている。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.