今日の迷言・余言・禁言

「下着を履かせる国」と「オッパイ触らせる国」

アフリカのザンビアは保守的なキリスト教国である。したがって「国家指導・宗教相」と呼ぶ閣僚ポストがある。当然のことながら「公然のハダカ」は許さない。例え、それが夜の酒場のステージであったとしても、ダンサーとしての“過激衣裳”パフォーマンスだったとしても、下着を着けず踊ることは許さない。そういうことで、下着を着けない“過激なダンス”で知られる南アフリカの女性ソドワ・ワバンツ氏の入国を認めなかった。宗教相であるゴッドフリーダ・スマイリー氏は「ザンビアは道徳と倫理に従うキリスト教国である」として、女性ダンサーを強制送還したのだ。われわれはイスラム教国が“女性のハダカ”に対して厳しい倫理観を持っていることを知っている。「イスラム原理主義国」等では、ハダカはおろか女性の体形が“判別できる服装”さえも許さない。改めて“保守的宗教”の倫理観の強さというか、厳しすぎる掟を見せつけられた感がある。キリスト教など“アダム&イヴ”はハダカだったのだから、夜の大人のステージでのダンスなどOKしても良さそうにも思うのだが、そういうものでもないらしい。近年、あらゆる部分で“極度の保守化”に戻っていくようで、何となくだが、それが怖い。まあ、その点、わが日本はいろいろなものが“許されている”ので、良い方かもしれない。昨日、渋谷で「フリーおっぱい」と書かれた看板を掲げて、通行人たちに“自由に胸を触らせた”ということで、高校1年の少女と、それをそそのかした男性など3人が“迷惑防止条例違反”で捕まった。どうやらYouTube動画のネタとして企画した撮影用の行為だったらしい。つまりは商売として女子高生が加担していたということらしい。大体、仮に捕まらなかったとしても「フリーおっぱい」という看板につられて、実際に“少女の胸”を触ってみようとする人などいるのだろうか。ましてやカメラを構えている人物がいて、明らかに撮影用と気付く中で、それを行う人物が出て来るとは到底思えないのだが…これって、実態に居た?…ということなのだろうか。触らせる方も触らせる方だが、触る方も触る方で、日本は「平和」だなあ…そういう日本が好き…と思ってしまうのってイケナイコト?


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.