今日の迷言・余言・禁言

「一寸先は闇」だから人生は素晴らしい

破産した「てるみくらぶ」に就職が内定していた50人の今後を“救済したい”という企業が表れている。それはそれで喜ばしいことだが、このような理不尽な問題が起こった時「私の人生を返してほしい」などと訴える人を見ると「それは違うよ」と言ってやりたくなる。確かに、採用5日前になっての企業倒産で“前途が絶たれた”ように感じるのは無理もない。けれども、誰でも人生に一度や二度は、どこにも訴えようがないような“理不尽な出来事”を経験している。そういう人の方が大多数なのだ。もちろん、それは就職という出来事に限らない。しかも今回の場合は、会社側が企画したツアー参加目的で多額のお金を既に振り込んでいる人たちもいる。そういう人たちが“第一の被害者”なのだ。もし、これが実際に働きだして5日後であれば、いくら入ったばかりだといっても“加害者側”として対応しなければならなかっただろう。そういう意味で言うと、ラッキーだったともいえるのだ。ましてや「救済企業」まで出現している。ものは考えようで、“不運”にもなれば“幸運”にもなる。採用取り消しとなった50人にとっては、人生最初の“躓き”かもしれないが、それが後々良い経験となって作用することもある。人間は、“大きな挫折”とか“理不尽な出来事”とかを経験することなく成長すると、周囲の人達への本当の意味での配慮や理解力が培われない。自分の尺度、応用の利かない考えでしか相手に対応できないものだ。ところが、紆余曲折ある人生、さまざまな挫折、理不尽な出来事をいろいろ経験していると、どのような相手にでも対応できる“懐の深い人間”になる。嫌でも“理解力ある人間”や“包容力ある人間”や“清濁併せのめる人間”になるのだ。中でも“清濁併せのめる人間”という部分が重要で、実は潔癖感の強い日本人は、この部分が弱い。人間としての“器の大きさ”も関わってくるが、近年は特に“清濁併せのめない”人達が多くなってきているような気がする。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.