今日の迷言・余言・禁言

「ロボット」がマンション内部まで宅配⁉

「無人宅配ロボット」と聞いても、もはや驚かなくなった。確かに、アメリカや中国では数年先には「実現するらしい」という話も聞く。けれども、宅配とはいうもののあくまで玄関先であって、マンションなどの集合住宅では「共有玄関」に置かれて立ち去られても役立ったとは言えない。そういう“当たり前の課題”に開発者たちが目を瞑るはずがない。既にマンション内まで運んでくれるロボットは開発されているのだ。その実証実験動画がこのほど公開された。ロボット「DeliRo(デリロ)」エレベーターに乗る…といった内容の動画である。竹中工務店と三菱電機の“共同開発”らしい。その、とても一般公開向けまで考えていたとは思えない実験動画では巨大なビルの中まで単独で入っていって、エレベーターの前まで行って「呼び出し」「乗り込み」「階移動」などを完全自律移動していく様子が示されている。もっとも、これは今のところエレベーターが“特定された会社のモノ”であることが絶対条件で、それ以外のエレベーターでは役立たない。まあ、当然と言えば当然のことなのだが…。そして残念ながら今はその程度が日本での限界なのだが、やがてはそういう条件もクリアして、どのビルであろうと、どのマンションであろうと、室内から出ることなくデリバリーが届く時代がやって来るには違いない。届けてくれるロボットも、現在動画などで示されている“無機質な箱形ロボット”などではなくて、可愛らしい女性の姿をした「メイド服ロボット」が良いと思うのは私だけだろうか。ロボットの欠点は、それぞれの“業務向けロボット”は、その業務に適した形状でした作業が出来ない。“精巧な人型ロボット”は今一つ動きが十分ではない。その両方を上手く調和させるのは意外に難しいらしい。もっとも、人は我が侭なもので“精巧な人型ロボット”が与えられれば満足かというと、そうもいかない。やっぱりホンモノの「人」恋しくなったりするのだ。ロボットほど精巧ではなくても良いから、“ウイルス”が付いてるかもしれない“人の手”を求めたりする。


最近の記事はこちら

「東洋の神秘」が崩れ去る時

私は時々“東洋人”と“西洋人”には、“男”と“女”の違いにも似た“違い”を感じることがある。この人の場合など、その“違い”がプラスに働いた典型なのだ。その名は「こんまり」こと近藤麻理恵氏のことである。…続きを読む

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネ…続きを読む

「誰も悪くない」という奇妙な結論

裁判上の“争い事”には、時として“双方痛み分け”のような結論になるケースがしばしばある。この事件の場合、本来の主役は「無言」を貫く。あれほど騒ぎ立て、マスコミさえもリードし、全国のアイドルファンを味方…続きを読む

一寸先が「闇」から「金」へ⁉

予測しにくい状態のことを「一寸先は闇」というが、まさに「人の運命」はその代表的なものである。池江璃花子選手と言えば、水泳界における“我が国のホープ”である。ところが、昨年、予期せぬ“病魔”が彼女を襲っ…続きを読む

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.