今日の迷言・余言・禁言

「ミステリーサークル」死なず

一時期「ミステリーサークル」は“われわれが作った”と名乗りを上げた人達がいた。またTVスタッフたちが“作って見せる”という番組を放映したこともある。けれども、それ以降も決して「ミステリーサークル」は無くならず、むしろ“複雑化”して、出現しつつある。今年6月16日には古代遺跡として有名な“ストーンヘンジ”のすぐ近くの大麦畑で直径55メートルにも及ぶ巨大なミステリーサークルが出現した。明らかな“幾何学図形”で、もし人間がこのようなものを作るとしたなら、おそらく綿密な打ち合わせを重ねた数十名のスタッフが、数日掛かりでチームを組んで行いでもしなければ不可能であろう。それが一晩に“ひょっこり”と誰にも知られずに出来上がっているのだ。多くの人は知らないが「ミステリーサークル」には、もしかしたら人間でも作れるかもしれない比較的単純なものから、100%現在の人間の科学や技術では不可能な“精緻な巨大文様”まで実にさまざまである。報道が下火となっているので数として増えていないかのように思いがちだが、その数は数百種を下らない。初期の頃は比較的単純な形状のものが多かったが、近年は複雑化し、極めて芸術的、或いはメッセージ性の強いものまで出現している。実は科学者の中にも、ミステリーサークルを「人間以外が作った」と主張している人もいる。アメリカの大学教授で20年にわたって研究してきたホーレス・ドリュー博士は「未来の宇宙人が作った可能性が高い」ことを論証している。一部の“UFOマニア”だけが騒いでいるわけでもないのだ。ただ、これらの説を認めると、UFOが地球に飛来していることを認めることになり、それにしては近年の“UFO映像”が今一つ閑散としていて乏しい。いっそのこと、宇宙人たちがUFOから降りて来て、作業服を着て地球人と一緒にミステリーサークルを作ってくれると「絵」になるのになぁ。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.