今日の迷言・余言・禁言

「マンホールの蓋」として生きていく

8月15日に乳がんの為53歳の若さで逝った「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさん。その彼女が描いた「マンホールの蓋」のデザイン画が公表された。実に明るく爽やかな印象の「ちびまる子ちゃん」が描かれた“マンホール画像”である。提案された静岡市としては8月下旬に“お披露目”予定だったらしい。つまり完成したが、彼女の死には間に合わなかったのだ。多分、さくらももこさん自身はそうなるだろうことを感じていたに違いない。だから、あえて自分の故郷である静岡市の方へ、自ら提案したに違いないのだ。自分の“身代わり”である「ちびまる子ちゃん」が“マンホールの蓋”になって、学童たちの行き来を見守り続けていたい。或いは、いつまでも学童たちと“向き合って”いたかったのだ。彼女の“生まれ育った”静岡市には、原作の記念館である「ちびまる子ちゃんランド」がある。さらに、彼女が作詞した「まるちゃんの静岡音頭」という“市のPRソング”もある。幼い頃、実際に母親から言われた「ちびまる子ちゃん」という自分への呼び名をそのまま漫画化して大成功した。彼女の中では、いつまでも“自分の幼少時代”が仕事の源泉として息づいていたに違いない。がんとの闘病が長く続いて、“ちびまる子”の時代に戻りたい、という意識が強くなったに違いない。そういう時に、自らが“故郷に帰る方法”として、彼女は“マンホールの蓋”になることを択んだ。そうすれば、いつまでも“あの頃”で居られるのだ。永遠の“小学三年生”として一緒に児童たちと学校に通える。自ら作詞した歌も“お祭り”の時など子供たちに歌ってもらえる。「ちびまる子ちゃんランド」という記念館は“おうち”として子供たちに来てもらえる。そういう想いもあって、彼女は自らの“死”が近づく中で何度も足を運んだらしい。“お忍び”で誰にも気付かれることなく、自分のおうちを訪れていたらしい。だから、きっとこれからも“お忍び”で訪ねていくに違いない。


最近の記事はこちら

「幸運の女神」は“めげない人”に微笑む

一度の挫折や失敗で「自分は不運だ」と勘違いする人が多い。二度目の失敗で「もうダメだ」と自暴自棄になってしまう人も多い。その一方、何度失敗しても、不幸な出来事にあっても、徹底的に打ちのめされても、そこか…続きを読む

全盲でも「太平洋」をヨットで渡れる

今から6年前、冒険旅行に旅立ったはずのキャスター辛坊治郎氏は太平洋上でヨットが動かなくなって漂流し、自衛隊に救助されて終るという“お粗末な出来事”があった。私はニュース映像で何となく見ただけで、事件の…続きを読む

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.