今日の迷言・余言・禁言

「マンホールの蓋」として生きていく

8月15日に乳がんの為53歳の若さで逝った「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさん。その彼女が描いた「マンホールの蓋」のデザイン画が公表された。実に明るく爽やかな印象の「ちびまる子ちゃん」が描かれた“マンホール画像”である。提案された静岡市としては8月下旬に“お披露目”予定だったらしい。つまり完成したが、彼女の死には間に合わなかったのだ。多分、さくらももこさん自身はそうなるだろうことを感じていたに違いない。だから、あえて自分の故郷である静岡市の方へ、自ら提案したに違いないのだ。自分の“身代わり”である「ちびまる子ちゃん」が“マンホールの蓋”になって、学童たちの行き来を見守り続けていたい。或いは、いつまでも学童たちと“向き合って”いたかったのだ。彼女の“生まれ育った”静岡市には、原作の記念館である「ちびまる子ちゃんランド」がある。さらに、彼女が作詞した「まるちゃんの静岡音頭」という“市のPRソング”もある。幼い頃、実際に母親から言われた「ちびまる子ちゃん」という自分への呼び名をそのまま漫画化して大成功した。彼女の中では、いつまでも“自分の幼少時代”が仕事の源泉として息づいていたに違いない。がんとの闘病が長く続いて、“ちびまる子”の時代に戻りたい、という意識が強くなったに違いない。そういう時に、自らが“故郷に帰る方法”として、彼女は“マンホールの蓋”になることを択んだ。そうすれば、いつまでも“あの頃”で居られるのだ。永遠の“小学三年生”として一緒に児童たちと学校に通える。自ら作詞した歌も“お祭り”の時など子供たちに歌ってもらえる。「ちびまる子ちゃんランド」という記念館は“おうち”として子供たちに来てもらえる。そういう想いもあって、彼女は自らの“死”が近づく中で何度も足を運んだらしい。“お忍び”で誰にも気付かれることなく、自分のおうちを訪れていたらしい。だから、きっとこれからも“お忍び”で訪ねていくに違いない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.