今日の迷言・余言・禁言

「ペット」から「人間」に変わる時

最近、ロボットがどんどん進化してきているが、そうはいっても今のところ「ロボット」が「人間」としてカウントされることはない。イヌやネコのペットも、俗に「家族」と表現はされるが、少なくとも今のところ「人間」として取り扱われることはない。さて「新生児」の場合はどうだろう。誰が、どういう形で産んだとしても、道端に転がっていたとしても“新生児”は「人間」として扱われる。成長後も“可愛い”かどうか誰にもわからないが、少なくとも3~4歳までは“ペット”や“ロボット”とどこか共通する生態行動を持つ。昨日、タレントの最上もが氏が妊娠していることを公表した。彼女は結婚していない。今後もすぐ結婚する予定はない。父親に関しては不明だが、要するに「自分だけの子供」という“捉え方”のようである。最近、そういう女性達が何人も出て来ている。妊娠初期から、シングルマザーとして“子供を得る”という生き方のようである。20年ほど前までなら、世間から非難された“生き方”も、今や“新しい形”として、多くの人が“迎え入れる”生き方に変わりつつある。もちろん、経済的余裕があって、子育ての時間も取れて、独自の愛情観を持つ母親であるなら、それを非難することは出来ない。けれども、彼女たちは一つだけ誤っていることがある。「子供」は“ペット”や“ロボット”と異なり、所有物にはならない。法律的にも20歳以上になれば、本人の意思というものが尊重される。どんなに愛情をもって自分が育てたと主張しても、だからといって、自分の手元に引き留めておくことは出来ない。人間はだれしも、そうやって成長してきたのだ。強引に、手元に引き留めたとしても、だから自分の“指図”に従うかというと、そうではない。その点が“ペット”や“ロボット”と根本的に違うところなのだ。結局、産み育ててくれたことを感謝してくれるかどうかさえも、成長後でないとわからない。もしかすると十代半ばで家を飛び出し、その娘も母親と同じように“自分の子”を産むかもしれないのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.