今日の迷言・余言・禁言

「パニック障害」の温床はどこにでもある

日本人は他の人種や民族に比べて“デリケート”な傾向がみられる。日本の持っている自然風土、食生活の在り方、対人関係での慣習などがそうさせているのかもしれない。日本人の手相と外国人の手相とを観比べると、その繊細な変化と違いがよく解かる。特に十代半ばから二十代半ばくらいまでの期間がもっともデリケートに変化する。もちろんこれは“全体的な傾向”であって、日本人でも“図太い神経”の持ち主や外国人でも“繊細な神経”の持ち主は居る。だから、あくまで“全体的に見れば”という意味でなのだが…。最近、著名人で「パニック障害だった」と公表している人が多い。医学的観点からいうと「パニック障害」は“神経系の病気”に属し、神経質な性格や潔癖な性格は多少関係しているかもしれないが、“性格的な弱さ”から来る病気ではない。パニック障害は、強いストレスや過度の緊張感、不安や恐怖によっても発生する病気で、めまいとか耳鳴り、激しい動悸、過呼吸や立ち眩みなどの症状を引き起こす。身動きが出来なくなるケースも多い。ジャニーズ系のKing&prince岩橋玄樹氏やsexyzone松島聡氏が「パニック障害」で昨年11月より活動休止となっている。岩橋氏の場合、今年2月になって活動を再開したのだが、すぐにまた症状が現れ、昨日、本格的に入院をして治療に専念するということが公表された。この病気の場合、外見的には“病気である”ということが分かりにくい。ただ単に疲れているとか、一時的パニックかとか、性格がプレッシャーに弱いだけなのではないか、などとの誤解を受けやすい。実際、一見すると“そういう病気”になりそうもないような人たちが多く掛かっている。例えば、鬼束ちひろ氏、広田レオナ氏、IKKO氏、大江裕氏、安西ひろこ氏、高嶋政伸氏、高木美保氏、大場久美子氏などだ。人前に出る職業の人達の方が「掛かりやすい」と言われている。確かに私も人前に出ると緊張する。パニックで自分が何を言っているのかわからなくなる。何を書いてるのかわからなくなる。もしかすると私も……そう言えば、この頃、階段の途中で歩けなくなる。妙に動悸が激しいのだ。それに何よりも、目の前が真っ暗になり、すぐ眠くなるのだ。


最近の記事はこちら

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

父親が「本当の父親」ではない…と知る時

私は3~4歳の頃「将来、何になりたいの?」と問われて即「天皇陛下になりたい」と応えて母を困らせていたらしい。私自身にその記憶はないが、今考えると妙に気恥ずかしい。それでも十代になると「占い師」に変わっ…続きを読む

神が憑いた「幼児占い」は公開銃殺⁉

「七星組」というグループで全国を回っていたらしい。もちろんアイドルグループなどではなくて、3歳や5歳の子供を使った“いかがわしい神霊予言”グループだ。けれども、元々が“占い大好き”な北朝鮮国民にとって…続きを読む

自らの「死」で“教えた”スタントマン

本来であれば「再現教室」に救急車が到着する予定はなかった。スタント会社で委託されていたのは「横断歩道でも事故は起こる」ということの再現、そのような事故が起きないためには「どこに気を付ければ良いのか」と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.