今日の迷言・余言・禁言

「パチンコ闘争」は「IR投資」の“火”を消した

あまり大きく取り上げられることのないニュースが私の眼を引いた。昨日、米ラスベガス・サンズが「IR(カジノを含む統合型リゾート施設)」による日本進出を断念したと公式に発表した。しかも、その理由については明確なコメントがない。もちろん、IR事業に手をあげているのは米サンズだけではない。けれども、実は“この時期”に米サンズ社が“手を引いた”のには重大な意味がある。このところ、ずっとパチンコ店及びそこに集う人々と、行政及び世論におけるバトルが続いているように見えるからだ。海外から見た「日本」という国では、カジノと同じような仕組みの娯楽、お金を掛けてギャンブル的に“遊ぶ”とか“愉しむ”とかいうことは、頭から「悪だ‼」と決めつけられている傾向がある、ということを外国人に感じさせたようなのだ。そうでなければ、わざわざこの時期に「撤退」の意思表明を社長名で行ったりしない。元々サンズは最初、大阪での進出を構想していた。それを土壇場で覆し、横浜・東京に進出することを昨年8月、正式に決定した。しかも、横浜の行政もそれを後押しすると大歓迎だった。本来であれば、今になって急に「手を引く」のはおかしいのだ。日本に進出するということは、何千億円ものお金を掛けて“観光の目玉”となるものを用意してあげるということである。まさしく投資事業なのだ。それが結果として、大きな収入につながるかどうかは、本当のところはわからない。日本という国では「カジノ」そのものがないのだから、しかも、依存症になると反対する者が多いのだから、成功できるかどうか保証はない。それでも何千億円も投資して観光事情に加担してくれようとしていたのだ。私が怖れるのは、米サンズが撤退したことで、これまで進出を意図してきた他の投資会社もが、それに追従しなければ良いが…という点である。何しろ、日本に“巨大な観光施設”を無償で建設してくれるのだ。もちろん、彼らだって商売だから、元が取れないことはしない。けれども、それによって日本各地に普段から訪日客が多数訪れ消費してくれるなら、最終的には日本国が潤うのだ。そうやって、シンガポールだって、マカオだって、急速に発展した。マカオなどはカジノ収益によって、マカオ市民にボーナスが支給されている。日本人は、日本の政府にばかり「何とかしろ‼」と金を要求するが、日本の政府が持ち出せるのは、当たり前の話だが“日本国内の税金”からで、要するに自分たちが払ったものを貰うのだから高が知れている。ところがIR事業というのは“外資”である。外国人たちが勝手にお金を出して“華やかな施設”を作ってくれるのだ。そこに、外国人たちを引っ張って来てくれる。なぜなら、引っ張って来ないと、投資の元が取れないからだ。こんな“上手い話”を頭から「悪だ‼」を決めつける人の気が知れない。カジノなどなくても、日本人の“ギャンブル依存症”など無くならないのだ。


最近の記事はこちら

社会問題化した「アシュラ」という漫画

年配の方なら憶えているかもしれない。それがジョージ秋山氏の描いた「アシュラ」「銭ゲバ」「現訳聖書」といった一連の“強烈な漫画世界”である。今日ではジョージ秋山氏と言えば「浮浪雲」という漫画の方で知られ…続きを読む

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方…続きを読む

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現…続きを読む

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月…続きを読む

「神秘思想」が“犯罪化”する時

大昔から変わっていないことの一つに、信仰とか、呪術とか、占いとか、心霊とか、特殊療法とか、精神世界とか、超能力とか……その人の“日常”とは切り離れたところに位置する「思想」は、徐々にカリスマ化され、い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.