今日の迷言・余言・禁言

「ハケン占い師アタル」は「銃殺刑」で“お仕置き”⁉

テレビ朝日系で1月17日より「ハケン占い師アタル」というドラマが放映されるらしい。そのタイトルからも、何となく“占い師”という職業を“斜め”から捉えた漫画チックなドラマであることが窺われる。そのうち「ハケン宗教家オガミヤ」とか「ハケン政治家ドローン」とか、漫画的なドラマばかりが放映されるようになっていくのだろう。それを察知してのことなのか、北朝鮮では最近、占い師に対しての取り締まりが厳しくなって、迷信を流布した者は容赦なく“銃殺刑”か“強制所送り”にせよという通達が出されたらしい。実際に“公開処刑”された者もいると聴く。不吉な予言をする者を廃したい気持ちがわからないではない。死ぬまでに一度は観光してみたいと思っていた北朝鮮だが、着いてすぐ御用となって“銃殺刑”とか“強制所送り”となったのではたまらない。元々北朝鮮は中国に近く、占いは古代から盛んな地域性がある。共産圏はどこでもそうだが、基本的に“占い”のようなものは国家として認めていない。以前、ベトナムに行って書店を周った時、国家として“禁じている”筈の占い書籍が、書店中央近くの一角に大挙並べられていて驚いたことがある。しかも、それらはいずれも分厚くて、百科事典のような大判の書籍ばかりだった。世界いたるところ占い師もいれば、占い書籍も存在する。もしかすると北朝鮮でも、代々受け継がれてきた“特異な占術”などが眠っているかもしれない。もし“銃殺刑”になるなら、せめてそういう“占いの秘伝書”を見せて欲しいと懇願するかもしれない。そのためには金正恩氏の“変てこりんな髪型”でも、“ブタみたいなお腹”でも、“見えない部分”でも、何でも褒め称えるに違いない。「舐めろ」といわれれば、舐めるかもしれない。このくらい書いておくと、捕まらなくて済むだろうか。私が少年の頃憧れた手相家キロは、インドに行ってアーリア族の秘伝書を見せてもらったらしい。それは人間の肌に書き綴られた“手相図解”と解説で、古代から面々と一族に伝わってきたものであるという。ところが、この話、どうやら“眉唾もの”であるとアメリカの研究者が暴いている。世の中、何がホントで、何がウソなのか、未だに判らない。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.