今日の迷言・余言・禁言

「ショーツの自販機」なら成功するかも…

今月、アメリカのオークランド空港で「ユニクロ・ツー・ゴー1号機」が設置された。計画によると、この二か月間の内に、空港やショッピングセンターの6か所に、この自販機は設置されるらしい。もちろん、自販機なので人はいない。タッチパネル操作でヒートテックとダウンジャケットが出てくる仕組みだ。豊富なサイズとカラーバリエーションを備え、決済はもちろんクレジットカード、基本的に返品は認めない。或る意味でユニクロらしいやり方と言える。ただ大方の見方は「失敗する」と見立てている。私も、そう思う。勝ち目はない。大体、アメリカ人というのは、細かなことにうるさい。日本人のように、いったん送られてきたものは、よほどのことがない限り“返品しない民族”とはわけが違う。ああいう人たちに“返品不可”の商法は通用しない。しかも、ブランドとしての「ユニクロ」は決して通りが良くない。つまり一般に知られていない。第一、アメリカ人は“定番”というのをそれほど好まない。ユニクロにとっては、ヒット商品である“ヒートテック”や“ダウンジャケット”は絶対の自信作で、必ず評価されると思っているらしいが、二種類しか選択肢がない、という自販機にアメリカ人は魅力を感じないだろう。色やサイズが豊富でも“デザインが一緒”では、彼らの興味や関心を呼ぶことは出来ない。空港に置く自販機であれば、下着類であれば、それなりの需要はあると思う。どちらかというと男性よりも女性の方が買い求めるかもしれない。例えば何かの事情から、持って行った下着が不足してしまった場合、持ってきたはずの下着が見当たらない場合、下着は変えたいがスーツケースは空けたくない場合…それなりの需要が最初から見込めるのだ。しかも、下着なら、どのメーカーとか、どの色やデザインとか、あまり関係がない。遊び心から、購入してくれる男性や子供達もいるかもしれない。“変わったお土産”や“時間つぶし”としても良いからだ。「さて、何を選ぼうか」という楽しみの無い自販機は、それだけでも“つまらない自販機”と評価されそうだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.