今日の迷言・余言・禁言

「ザ・アメリカ」という国

アメリカ史上最大の銃乱射事件が起こって59名が犠牲となった。高層ホテルの32階から、すぐ手前の“野外コンサート場”目掛けて乱射し続けたのだから、たまったものではない。ミサイルも怖いが、こういう“訳の分からない凶行”の方がもっと怖い。ただ、これほどの“凶悪な事件”が起こりながら、アメリカでは「銃規制」を叫ぶ声は表立って聞こえてこない。日本人的な感覚で言えば、まずは“銃規制の強化”を誰もが叫び出すはずのことなのに…。そういうアメリカが、北朝鮮に「ミサイルを捨てろ!」といくら言っても、聴く耳を持たれないのは或る意味で仕方がないのだ。それよりも驚くのは、ラスベガスのカジノが事件後すぐに再開されて客が戻ったことだ。確かに、犯人は死んだ。単独犯で、どうやらISとは関係がないらしい。仮にそうであっても、もし、日本なら、その周辺は事件の検証などで立ち入り制限となり、カジノをすぐ再開など、絶対にありえない。第一、その周辺にすぐ客が戻るとも思えない。もちろん、ラスベガスであるから、客は世界各国から来ている。アメリカ人だけとは限らないが、少なくとも日本人の感覚としては、その日にはカジノに戻れない。というか、事件後ホテルに戻ったなら一歩も外には出ないだろう。そういう点で、日本人は慎重すぎるのかもしれないが、或る種の“割り切り”は、特にアメリカ人は強い。よく「アメリカンドリーム」というが、確かにアメリカは或る種“ギャンブル的な生き方”が似合う国であることは確かだ。上手くいけば“巨大な富と名声”を掴み取ることが出来る。そういえば綾部裕二はどうした。まあ、それは良いが、そういう国であるので“向いている人”と“向いていない人”がいることは間違いない。近年、中国人や韓国人のエリートたちがこぞってアメリカに居住し始めている。その一方で、メキシコやキューバなどの貧困層も次々と入国してくる。さまざまな人種のさまざまなうめきが聞こえて来そうな国、それが「ザ・アメリカ」なのだ。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.