今日の迷言・余言・禁言

「サンタクロース」の真実

私は時々、何が正しいのか、わからなくなることがある。「サンタクロースの正体」に関しては、今もそうだ。私は幼い頃、サンタクロースの“存在”を信じ切っていた。だから、いつもクリスマスが近づくと、サンタクロースさんに“願い事”を書いて靴下に忍ばせ、それを吊るしていた。母親は時々「じゃあ、サンタクロースさんにお願いしてみようか」といっていたからだ。そして指折り数えて眠ったが、なぜかサンタクロースさんは私の願いを聞き入れてはくれなかった。「ちゃんと書いたのになぁ」不満そうな私の顔を視て、母親は辛そうな顔をしていた。それでも母親は、私の枕元に、必ず“サンタクロースのプレゼント”を置いた。それはささやかなもので、決して私の“望んだもの”ではなかったのだが、それでも一応、毎年、サンタクロースはやって来た。私は、いつ頃「真実」を知ったのだろう。9歳前後だったような気がする。だから大人になった時、自分の子供の“願い事”は極力叶えてあげようと誓ったものだ。そして、そうしていたのだが、娘が9歳になった時、私は前妻と離婚した。その離婚の時に、私はどうしても子供に話しておかなければ…と思うことがあった。私は娘とふたりきりになって「サンタクロースの正体」を話した。そうしないと、毎年、娘に向けて書いていた「サンタクロースさんからのお便り」が無くなって、哀しい想いをするに違いないからだ。枕元に“プレゼントを置く”ことは出来ても、“なりきりの手紙”は書かないだろうことを察知していたからだ。娘は身じろぎもせず黙ったまま聞いていた。今年、アメリカのトランプ大統領は“サンタクロースの質問”をしてきた7歳の少女に対し「まだサンタクロースを信じているのか」と揶揄して、多くの大人たちから批判された。日本のワイドショーでも、コメンテーターとして出ていた奥山佳恵氏が「父親がサンタクロースだった」と明かし、幼い児と一緒に見ていた人たちから批判された。こうして、子供たちは或る日突然“夢の世界”から放り出される。スペインでは18年間にわたってカトリック教会の司祭として勤めていた人物が、実は司祭としての資格を持たず偽造書類であったことが発覚し、18年間に及ぶ“贖罪を許す秘跡”は無効である旨が信徒たちに通知された。神は“罪を許していなかった”というのだ。それにしても、偽りの司祭ミゲル・イバラ氏は自らの罪をどういう形で償うのだろうか。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.