今日の迷言・余言・禁言

「サンタクロース」の真実

私は時々、何が正しいのか、わからなくなることがある。「サンタクロースの正体」に関しては、今もそうだ。私は幼い頃、サンタクロースの“存在”を信じ切っていた。だから、いつもクリスマスが近づくと、サンタクロースさんに“願い事”を書いて靴下に忍ばせ、それを吊るしていた。母親は時々「じゃあ、サンタクロースさんにお願いしてみようか」といっていたからだ。そして指折り数えて眠ったが、なぜかサンタクロースさんは私の願いを聞き入れてはくれなかった。「ちゃんと書いたのになぁ」不満そうな私の顔を視て、母親は辛そうな顔をしていた。それでも母親は、私の枕元に、必ず“サンタクロースのプレゼント”を置いた。それはささやかなもので、決して私の“望んだもの”ではなかったのだが、それでも一応、毎年、サンタクロースはやって来た。私は、いつ頃「真実」を知ったのだろう。9歳前後だったような気がする。だから大人になった時、自分の子供の“願い事”は極力叶えてあげようと誓ったものだ。そして、そうしていたのだが、娘が9歳になった時、私は前妻と離婚した。その離婚の時に、私はどうしても子供に話しておかなければ…と思うことがあった。私は娘とふたりきりになって「サンタクロースの正体」を話した。そうしないと、毎年、娘に向けて書いていた「サンタクロースさんからのお便り」が無くなって、哀しい想いをするに違いないからだ。枕元に“プレゼントを置く”ことは出来ても、“なりきりの手紙”は書かないだろうことを察知していたからだ。娘は身じろぎもせず黙ったまま聞いていた。今年、アメリカのトランプ大統領は“サンタクロースの質問”をしてきた7歳の少女に対し「まだサンタクロースを信じているのか」と揶揄して、多くの大人たちから批判された。日本のワイドショーでも、コメンテーターとして出ていた奥山佳恵氏が「父親がサンタクロースだった」と明かし、幼い児と一緒に見ていた人たちから批判された。こうして、子供たちは或る日突然“夢の世界”から放り出される。スペインでは18年間にわたってカトリック教会の司祭として勤めていた人物が、実は司祭としての資格を持たず偽造書類であったことが発覚し、18年間に及ぶ“贖罪を許す秘跡”は無効である旨が信徒たちに通知された。神は“罪を許していなかった”というのだ。それにしても、偽りの司祭ミゲル・イバラ氏は自らの罪をどういう形で償うのだろうか。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.