今日の迷言・余言・禁言

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”な発言を初めて行った。またアメリカの新政権は、これまでの米中の在り方を見直し「競争と同時に協力も重要」という方針への転換を公式に伝えた。つまりは、アメリカも中国も“貿易戦争”に疲れて「やっぱり仲良くしていこうか」に舵を切り始めた、ということである。日本にとっては、これほど歓迎すべきニュースはない。なにしろ輸出国である日本は、両方の大国の中間に位置していて、経済面だけで言えば、その両方と“仲良くしなければ”いけない立場にある。いや、日本だけではなく、今では世界中が両国間に衝突されると、問題が生じやすい。それなのに“世界の覇者”となりたい両国は一時的には「本格戦争」に突入しかねない段階にまで達していた。その結果は、両国だけでなく、世界中の経済が停滞する状態を招いた。ところが、その“危うい状態”の中で「新型コロナ騒動」が地球にもたらされた。自然界の“猛威”は両国とも覇権を争っている科学の最先端でも太刀打ちできなかった。アメリカも、日本も、ヨーロッパも、これまで蓄えて来た財産を“コロナ対策”のために使わざるを得ない状況となっている。つまりは国同士が“争い合っている場合ではない”と気付かされたのだ。そういう点から言えば「米・中」が“仲良くする”きっかけを与えてくれたのが「新型コロナだった」と後々の歴史家は書くかもしれない。結局、人間は“大自然”には勝てない。どんなに頑張ったって勝てない。科学の最先端は、大自然の猛威にさらされると、たちどころに撤退せざるを得ないのだ。科学が進めば、あらゆる問題は解決する、かのような幻想は棄ててしまった方が良い。どんなに時代が進んでも、人の幸せは“同じような分量”しか与えられない。時代の向こうには、新たな病気や災難が待ち構えているからだ。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.