今日の迷言・余言・禁言

「エスパー」がエスパーでなくなった時

「エスパー=超能力者」と聞いて、あなたは誰を思い出すだろう。大昔、ユリ・ゲラーという名の「エスパー」もいたが、それよりも多くの方は「エスパー伊東」氏の方を思い出すのに違いない。ボストンバッグに自らの身体を潜り込ませて顔だけ出す…というエスパーぶり(?)で一時期人気を集めた。その伊東氏だが、2018年末に「芸能界休業」を公表した。思うようにパフォーマンスが出来なくなったからであるという。実はそれ以前から彼の身体には支障が生じていた。右変形性股関節症という病気で、パフォーマンスどころか日常生活も困難になっていたのだった。通常、芸能人のような生活に保障の無い仕事の場合、そういう場合には身内のお世話になるケースが多いのだが、彼の場合は折り合いが悪かったらしく、2018年3月に移った新しい事務所社長が“身内替わり”となった。そうして今年2月に“人工関節を入れる”手術を行い、とりあえず“痛み”だけは何んとか取り除けたようだ。ただ意思通りに身体が動かない軽い脳梗塞も患っていて、その治療も合わせてリハビリ中なのだが、実質的には“車いす生活”に変っていて、今後も本来のパフォーマンス復帰は不可能となった。それでも彼は何らかの形で“仕事復帰したい”と望んでいるようで、頑張ってはいるらしい。ただ「エスパー」がエスパーではなくなったことで、昔の芸人仲間とも連絡を絶っているようで、今は「誰とも会いたくない」と言っているらしい。超能力(?)で石油を掘り当て、大富豪となったユリ・ゲラー氏とは大きく異なる。身体を張った仕事というのは何でも、ちょっとしたところから綻びが出やすい。格闘家の高山善廣氏や曙氏のように闘病生活が続いている人もいるし、水泳の若きエース池江璃花子氏のようなケースもある。身体に負担が掛かり過ぎると、予期せぬ所から危険信号が点滅し始めるのだ。運命の中でも「生命」や「事故・病気」はもっとも見通しが難しい。それはおそらく“眼に見えない何か”が作用していて、そこから先は「占い」の領域ではなく、多分「神仏」の領域なのだ。それが“人生・運命”の変化に重なり合う時、急に病魔や災難として表に出てきたり、なぜか急速に病魔が消失してしまったりするからだ。


最近の記事はこちら

やがて来る「大都市郊外」のオシャレ化

あらゆる時代には「その予兆」というものがある。そういう意味で注目すべき記事がアメリカから発信された。最近、アメリカでは“都市住宅の高騰化”という要素も加わって、大都会そのものではなく、大都会の郊外に位…続きを読む

「クリムトの絵」が歩いて戻った⁉

日本では「未確認の何かが飛行していた」というニュースもあるが、もっと現実的でありながら、ミステリー小説に出て来そうな話がイタリアから飛び込んできた。約23年前に盗難に遭っていた絵画が、その盗難に遭って…続きを読む

「復活」の運気を“活かせるか”が鍵

ここ数年、大塚久美子社長率いる「大塚家具」は窮地に立たされっぱなしだった。さまざまなところと提携するとか支援を受けるとかしながら、何とか生き延びている。そして、ここにきてヤマダ電機の“子会社”となるこ…続きを読む

若い女性達が「牛耳る国」が誕生した⁉

われわれ日本人は欧州について、中でも北欧の国々について、あまり知らない。ニュースが届くことが少ないからだ。例えば、フィンランドのこれまでの交通・通信相が34歳の若き女性であったことを知っていた人は少な…続きを読む

「身代わりパソコン」が体調を崩す⁉

私は12月~1月初旬くらいの間に体調を崩すことが多い。この頃になると、北海道は秋から“真冬”に変化する。12月の頭くらいまでは暖かくても、その後一気に外気が変わる。見慣れた風景も“晩秋”の落ち着いた景…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.