今日の迷言・余言・禁言

「ウルトラマン・ブッダ」が地球を救う⁉

タイが“仏教王国”であることは広く知られている。国民の94%が敬虔な仏教徒だ。けれども若い人たちは、必ずしも「仏陀(ブッダ)」だけが“人類を救う”とは思っていない。“正義の味方”であるウルトラマンだって、わたしたちを救ってくれるではないか、と考える。少なくともタイの若い女子大生はそう考えたのだ。そう考えながら、仏像を見て、次にウルトラマンを見た。その二つの身体は、彼女の中で静かに“一体化”したのだ。「これだ‼」彼女は一心不乱にブッダとウルトラマンの“合体坐像”や“闘いポーズ”を図案化していった。すると彼女の作品は“優れた作品”として地元のショッピングモールで展示されることになった。当然、若い人たちから注目を集めてマスコミが取材する。こうして人目に触れることが多くなった“合体画像”は、宗教団体の“お偉いさん”や政治家の“お偉いさん”の眼にも触れることとなった。敬虔な仏教徒にとって、ブッダとウルトラマンとを結び付けるなど“あってはならない”ことであった。激しい排斥運動が巻き起こる。女子学生はタイの高僧のところに出向き、謝罪しなければならない事態となった。けれども、これに疑問を持つ人達もいた。大昔「芸術は爆発だ」と岡本太郎氏は言った。顔だけウルトラマンだって良いじゃないか。或いは顔だけ仏像だって良いじゃないか。若い人の中では、ごく自然にどちらも“地球を救う”存在だったのだ。決して、仏陀をバカにしたものなどではない。実業家ポンシワンクン氏は彼女の作品を4500バーツ(16000円)で購入、それをネットオークションにかけたのだ。そうすると、その作品は人気を呼び、600万バーツ(213万円)の高値が付いた。こうしてポンシワンクン氏は、そのお金から女子学生に今後の製作費を手渡し、残り大部分は恵まれない人達が通う病院の寄付金へと当てたのだ。こうして、間違いなく女子学生の描いた「ウルトラマン・ブッダ」は空を飛び、危機にある人たちを救ったのだ。そういえば確かに、ウルトラマンの“頭部全体”は“仏陀”の頭部と似ていなくもない。それにしても、もし日本で“仏陀”と“ウルトラマン”の“一体化画像”をショッピングモールに展示したなら、どういう反応が生まれるのだろうか。


最近の記事はこちら

「24節気」の持っている“予言力”

よくニュースなどで「暦の上では…」という表現を使う。その場合の「暦」とは“24節気”に基づく「節気暦」を指している場合が多い。その節気暦からすると昨日が「大雪」に当たる。東北や北海道の一部では、まるで…続きを読む

「我が生き方」貫く耳の「くの字型」内郭

「人は見掛けによらぬもの」という教えがあるが、実際、そう思うこともあれば、思わないこともある。合成麻薬所持で逮捕となった沢尻エリカ容疑者の場合はどうだろう。「見掛けどおり」と思う人もいるだろうし「見掛…続きを読む

中村医師は「IS」存在誇示の標的となった

アフガニスタン周辺が“危険な地域”であることは誰もが知っている。けれども、少なくとも支援活動をしているNGOに対して銃口を向けることはないだろう…という甘い観測が、平和な国で暮らしていると、どうしても…続きを読む

「反面教師」が「血が流れる娘」に変貌する時

歌手・女優の神田沙也加氏と俳優の村田充氏が“離婚していた”ことが明らかになった。結婚当初は「おしどり夫婦」としてマスコミに取り上げられていただけに、あまりにも早い離婚劇が驚きを与えている。正直、私も、…続きを読む

「思いやり予算」は「ぼったくり予算」だった

ときどき政治家たちの資質を疑ってしまう時がある。連日「桜を観る会」のメンバーについて騒ぎつづけている。誰を招待しようが、そんなことはどうでも良い。もっと、政治家がやらなければならないこと、議論しなけれ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.