今日の迷言・余言・禁言

「インド占星術師」に転身の上祐史浩氏⁉

ちょっと驚かされるニュースが入ってきた。元オウム真理教徒で現在「ひかりの輪」を主宰している上祐史浩氏が“インド占星術師”に転身するというのだ。今回のセミナーで初めてそれを公言したらしい。元々上祐氏は古代インドのヨガや仏教に関心を持っていた。早稲田大学理工学部大学院で宇宙工学を研究していた彼は“宇宙”と“超能力”にも強い関心を抱いていた。それら全部の“探究”を目指していたのが初期の純粋(?)な「オウム神仙の会」だった。麻原がどう考えていたかは知らないが、少なくとも初期の「オウム神仙の会」は超能力好きのヨガ集団にすぎなかった。それが変化し始めたのは「オウム真理教」に名を改めてからである。本来であれば、上祐氏はただ一人、教祖・麻原彰晃に対して意見できる人物だった。実際、初期の頃は上祐氏の主張で取り止めていた事項がいくつもあった。ところが教団が“巨大化”していくにつれて、元々が商売人の麻原は、理論派で精神主義的な上祐氏を“煙たく”感じ始めていた。だから、彼をアメリカやロシアに飛ばして“普及活動”に専念させたのだ。そのことが、結果的に“ナンバー2”でありながら極刑を逃れた一番の決め手となったのだから、人生はわからない。これまでにも「ひかりの輪」ではインド占星術の専門家を招いて占いを行っていたらしい。確かに、インド占星術やマヤ占星術や密教占星術は、さまざまな宗教の勧誘剤としてイベント的に使用されているケースが多い。なぜなら占星術は「運命」を予告するが、その“運命の呪縛”から逃れる方法を「宗教」に任せてしまえば、占いの責任を負わなくて良い。こうして大昔から、秘教的な占星術と呪術的な宗教とは“妖しい関係”を築いてきたのだ。上祐史浩氏がどのような意図のもとに“インド占星術師(鑑定料二万円)”に転身したのかは知らないが、占いだけでなく“開運グッズ”の販売も平行して始めたのだけはいただけない。宗教の“師”として仰ぎ見てきた人達にも、今後、占いの“師”として相談依頼する人達にも、あまりにも開運グッズ販売は商売の臭いがして“妖しく”見えるからである。


最近の記事はこちら

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.