今日の迷言・余言・禁言

「イリーナの場合」露の焼身自殺

大昔「フランシーヌの場合」という歌があった。ちょっと、もの悲しい歌なのだが大ヒットした。実話に基づいた歌で、パリの路上で“戦争や飢餓”に抗議する目的で焼身自殺した若い女性フランシーヌ・ルコント氏を弔うかのような歌だ。国連事務総長に手紙を送ったりしたようだが、相手にされなかったらしい。当時十代だった私は、歌詞の内容的なものはよく解からず、何んとなく“物悲しい旋律”が気に入ってレコードを購入した。先日10月2日にロシアで地方のインターネットメディア「コザ」の編集長をしている若い女性イリーナ・スラビナ氏が、治安当局が入る庁舎前の路上で焼身自殺をした。その直前にSNS上に「私の死についてはロシアを責めて欲しい」という“謎の言葉”を記している。その前日、彼女の自宅に治安当局から捜索が入った。治安当局側からの発表によれば、彼女に国外の反体制派支持団体からのパンフレット提出を求めていたという。ところが、彼女が応じなかったので家宅捜索に踏み切ったという。あくまで「その証人」として提出を求めたもので、容疑者ではないという。したがって治安当局側に言わせると、焼身自殺も、SNS上の言葉も、理解に苦しむものでしかない。フランシーヌの場合と同じように、焼身自殺で“抗議”すべき事柄ではなく、あの歌にも出てきたように《あまりにも哀しく》そして《おばかさん》なのかもしれない。若い時の“感受性”や“正義感”には、時として“思いつめ過ぎ”“思い込みすぎ”な場合もある。年齢がいってくると、多少、柔軟性を持って受け止められることでも、若い時の情熱というのはストレートで、後先を考えない場合も多い。けれども或る意味では、それこそが“若さ”であり、“純粋な情熱”であり、“一途な行動”でもある。年齢が教えてくれる“世の中”を、知ってしまったことに対しての或る種“うしろめたさ”のようなものはいったい何なのだろう。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.