今日の迷言・余言・禁言

「イジメ不登校児」が全日本チャンピョン!

人は知らず知らずのうちに“誰かの目標”になっていることがある。女優だった故・南田洋子氏もそういう一人だった。彼女の晩年は必ずしも“大女優”に相応しいものではなかったが、病気直前までは誰もが認めるスターとして輝いていた。その南田洋子氏の従兄弟の娘に「山田洋子」がいる。彼女は自分と名前が同じ「洋子」だった“洋子おばちゃん”を小さな時から慕っていた。憧れだったと言って良い。中学生の時、イジメられている子の味方をしたら、今度は自分がイジメられる形となった。それがひどくなって不登校となり、自殺未遂までした。その後、学校は辞めて施設に入ったが、そこも合わずに脱走したりした。喧嘩っ早く、何度も問題を起こし続けた。孤独の中で、それでも“洋子おばちゃん”に認めてもらいたくて役者になったりもした。たまたま居酒屋で隣り合わせたのが、アームレスリング(腕相撲)の男性チャンピョンだった。何となく親しくなって、自分も“それ”をやりたいと思った。こうして2年足らずのうちに彼女はトップ選手に上り詰めたのだ。それから13年間、ずっと女子アームレスリング全日本大会で優勝し続けている。ここで私は思うのだ。もしも彼女に“洋子おばちゃん”がいなかったならどうだったのだろう。それでも彼女は強くなれただろうか。彼女は同じ名前である「洋子」おばちゃんから、幼い頃、可愛がられた。だから“洋子おばちゃん”に憧れ、“洋子おばちゃん”に認められたくて役者にもなった。アームレスリングでは「山田よう子」を名乗っている。みんなからイジメられ、不登校になり、自殺未遂までした少女は、たった一つ、自分と同じ名前の“洋子おばちゃん”から認められたくて生き続けた。そうして、今では“4児の母”だ。南田洋子氏は“不妊女性”であることを“悩み”続けていた。だから、ことのほか同じ名前の「洋子」を“我が児のように”抱きしめたりしたのだろう。そして、それが“いじめられっ子”となって虚無感を抱いた時、“生きていく支え”となった。人は“何”が“誰”に、どういう“結果”を与えるのか、誰も知らない。それを演出するのは“神様”なのか、単なる“偶然”なのか、誰も知らない。


最近の記事はこちら

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

父親が「本当の父親」ではない…と知る時

私は3~4歳の頃「将来、何になりたいの?」と問われて即「天皇陛下になりたい」と応えて母を困らせていたらしい。私自身にその記憶はないが、今考えると妙に気恥ずかしい。それでも十代になると「占い師」に変わっ…続きを読む

神が憑いた「幼児占い」は公開銃殺⁉

「七星組」というグループで全国を回っていたらしい。もちろんアイドルグループなどではなくて、3歳や5歳の子供を使った“いかがわしい神霊予言”グループだ。けれども、元々が“占い大好き”な北朝鮮国民にとって…続きを読む

自らの「死」で“教えた”スタントマン

本来であれば「再現教室」に救急車が到着する予定はなかった。スタント会社で委託されていたのは「横断歩道でも事故は起こる」ということの再現、そのような事故が起きないためには「どこに気を付ければ良いのか」と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.