今日の迷言・余言・禁言

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す22歳の女性達だ。う~ん、素晴らしい。ただ何かが違う。この女性達、なんだか動きがおかしい。それもそのはず親切な“女性人型ロボット”だったのだ。なあ~んだ、と思うなかれ。彼女たちには「アリサ」と「リン」という名前が付けられていて、22歳という年齢設定迄ある。もちろん、日・英・中・韓の四か国語を話せる。多分、どの女性駅員よりも語学に優秀なのだ。言葉だけではない。神社仏閣に関する知識も誰にも負けない。駅前付近の“お買い得情報”だって、すべてを知っている。時々ちょっとしたことが解からなくて「お役に立てず申し訳ございません」というかもしれないが…。それにしても、全国に先駆けて日本の“原点”ともいうべき奈良市において登場した、というところが素晴らしい。どうせなら、男性型ロボットと女性型ロボットと一体ずつの方が良いような気もするのだが…。こうして、いずれは日本全国の駅とか空港とかで、人型ロボットが出迎えてくれるようになっていくのだろうか。さらに泊まるホテルでも、人型ロボットがチェックインを受け付け、部屋まで案内してくれて、いろいろ説明してくれて、最後に掌を差し出し“チップを要求する”ようにもなっていくのだろうか。部屋に呼ぶマッサージ師もロボットで黙々と作業し、併設するお土産屋さんでもロボットが接客し、大浴場では女性ロボットが清掃中で視られてしまうではないか。とにかく、たくさん「お・も・て・な・し」してはくれるのだが、なんだか癒されなくて、地元に戻ってコンビニに立ち寄って、生な人間を見てホッとするような…そういう時代は、ちょっと御免被りたいなと…。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.