今日の迷言・余言・禁言

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す22歳の女性達だ。う~ん、素晴らしい。ただ何かが違う。この女性達、なんだか動きがおかしい。それもそのはず親切な“女性人型ロボット”だったのだ。なあ~んだ、と思うなかれ。彼女たちには「アリサ」と「リン」という名前が付けられていて、22歳という年齢設定迄ある。もちろん、日・英・中・韓の四か国語を話せる。多分、どの女性駅員よりも語学に優秀なのだ。言葉だけではない。神社仏閣に関する知識も誰にも負けない。駅前付近の“お買い得情報”だって、すべてを知っている。時々ちょっとしたことが解からなくて「お役に立てず申し訳ございません」というかもしれないが…。それにしても、全国に先駆けて日本の“原点”ともいうべき奈良市において登場した、というところが素晴らしい。どうせなら、男性型ロボットと女性型ロボットと一体ずつの方が良いような気もするのだが…。こうして、いずれは日本全国の駅とか空港とかで、人型ロボットが出迎えてくれるようになっていくのだろうか。さらに泊まるホテルでも、人型ロボットがチェックインを受け付け、部屋まで案内してくれて、いろいろ説明してくれて、最後に掌を差し出し“チップを要求する”ようにもなっていくのだろうか。部屋に呼ぶマッサージ師もロボットで黙々と作業し、併設するお土産屋さんでもロボットが接客し、大浴場では女性ロボットが清掃中で視られてしまうではないか。とにかく、たくさん「お・も・て・な・し」してはくれるのだが、なんだか癒されなくて、地元に戻ってコンビニに立ち寄って、生な人間を見てホッとするような…そういう時代は、ちょっと御免被りたいなと…。


最近の記事はこちら

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も…続きを読む

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった…続きを読む

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だっ…続きを読む

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が…続きを読む

「星」は“芸能界”だけに輝くのではない

よく「成功する」という言葉が使われる。確かに、人として生まれて、成功しないより、成功する方が良いに決まっている。けれども、必ずしも“華やかな成功”が良いとは限らない。また“若いうちに成功”するのが良い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.