今日の迷言・余言・禁言

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す22歳の女性達だ。う~ん、素晴らしい。ただ何かが違う。この女性達、なんだか動きがおかしい。それもそのはず親切な“女性人型ロボット”だったのだ。なあ~んだ、と思うなかれ。彼女たちには「アリサ」と「リン」という名前が付けられていて、22歳という年齢設定迄ある。もちろん、日・英・中・韓の四か国語を話せる。多分、どの女性駅員よりも語学に優秀なのだ。言葉だけではない。神社仏閣に関する知識も誰にも負けない。駅前付近の“お買い得情報”だって、すべてを知っている。時々ちょっとしたことが解からなくて「お役に立てず申し訳ございません」というかもしれないが…。それにしても、全国に先駆けて日本の“原点”ともいうべき奈良市において登場した、というところが素晴らしい。どうせなら、男性型ロボットと女性型ロボットと一体ずつの方が良いような気もするのだが…。こうして、いずれは日本全国の駅とか空港とかで、人型ロボットが出迎えてくれるようになっていくのだろうか。さらに泊まるホテルでも、人型ロボットがチェックインを受け付け、部屋まで案内してくれて、いろいろ説明してくれて、最後に掌を差し出し“チップを要求する”ようにもなっていくのだろうか。部屋に呼ぶマッサージ師もロボットで黙々と作業し、併設するお土産屋さんでもロボットが接客し、大浴場では女性ロボットが清掃中で視られてしまうではないか。とにかく、たくさん「お・も・て・な・し」してはくれるのだが、なんだか癒されなくて、地元に戻ってコンビニに立ち寄って、生な人間を見てホッとするような…そういう時代は、ちょっと御免被りたいなと…。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.