今日の迷言・余言・禁言

「アイドル」が「アイドル」でなくなるとき

AKB48の小嶋陽菜さんが2月22日に“卒業コンサート”を行い、3月15日発売の47枚目のシングルでセンターを務めることが発表された。その結果、初期メンバーで残るのは峯岸みなみさんのみとなった。AKB48のデビューが2005年なので11年余りアイドルを続けてきたことになる。もう“こじはる”も、28歳だ。「アイドル」を続けていられる年齢ではない。卒業した初期メンバーたちのその後は、総じてあまりパッとしていない。毎年、投票してくれていた何万ものファンたちはどこへ行ったのだろう。少なくとも一人になって歌手としてヒット曲を出したメンバーはいないような気がする。もっとも川崎希さんのように、実業家として成功している人もいる。だから“ステップ”としてのアイドルは、必ずしも“負け組”ばかりではない。現在は、さまざまな“アイドルグループ”が存在している。その総人数はいったい何人になるのだろう。私の友人の“お孫さん”もアイドルグループとしてデビューしたが、現在はアパレルブランドの“イベントモデル”に変わっている。友人は「普通の仕事が出来れば良いのだが…」と嘆いていた。今は、簡単に「アイドル」を名乗れるが、収入面はピンキリで“貧乏アイドル”が圧倒的に多い。昔のように一人でデビューするアイドルは少なく、最初はグループから出て、いつの間にか“単体で活躍する”というのが現在の「アイドル」の形らしい。やがて「お母さんも昔はアイドルだったのよ」と微笑みながら、我が子に語り掛けられる“幸福な人達”があちこちに出て来る日本であってほしい。


最近の記事はこちら

なぜ日本の男性未婚率は“急上昇”したか

発売されたばかりの『データで読み解く「生涯独身」社会』という本が注目されている。データを基として、日本の男女の“未婚率”や“交際率”や“結婚願望”の比率などを示し、特に男性における「生涯独身」が、今後…続きを読む

韓国の芸術家達は、どうして怒らないのか⁉

韓国がまたベルリンに「慰安婦像(平和の少女像⁉)」を設置したらしい。私は、いつも思うのだが、どうしてこんな“センスのかけらもない”彫像を世界のあちこちに設置するのだろう。そして、韓国にだって芸術家はた…続きを読む

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.