今日の迷言・余言・禁言

「やっぱり」と思ってしまう“死去”

昨日「ロック界のカリスマ」として一時代を築いた内田裕也氏が亡くなった。享年79歳。したがって、特別、早すぎるということもない。それに、ここ何年かは脚が弱り車椅子姿だった。2017年11月には脱水症状で緊急入院もしている。そういう状態なのだから、あえて持ち出すべき“話題”ではないのかもしれない。けれども、誰もが何となく「やっぱり」と思う。半年前、良い意味でも悪い意味でも“個性的な夫婦”として引き合いに出された妻・女優の樹木希林氏が全身がんで亡くなっている。その葬儀に出席した時の内田裕也氏の“憔悴した表情”が印象に残っている。不思議なもので影響力の強い“夫婦”“親子”“兄弟”などは、その一方が亡くなると、まるでその後を追うように、もう一方も亡くなってしまう。大体、その一年以内が多い。だから、多くの場合「連れていかれた」という表現をする。どうして死者は“連れて行こう”とするのだろう。そして、どうして生者は“連れていかれる”のだろう。もちろん、実際にそう思っているはずもないのだが、結果的にはそうなる場合も多い。一つには“一緒に居たい”という執念。それが“双方”に働いた時、そういう現象が起こりがちである。或いは自分が“傍に居てやらなければ…”という情念。それが強すぎる場合。「念の世界」では“生”も“死”もない。だから“一体化”の方向へと無意識に動いていく。つまり、それを防ぐには「別な世界」に旅立ったのだということを、双方ともに“確認させる”必要がある。そうでないと医薬だけでは防ぎきれないのだ。双方と言っても、その一方は既に旅立っている。どうやって確認させるのか。この場合「霊界通信」可能なのは、当然ながら墓標と仏壇だ。そのどちらかに向かって言い聞かせることである。より“確認”が必要なのは生者の方である。まず“ついていきたい”とか、“一緒に居たい”とか、“お世話したい”とか、余計な心配をしないことである。また夢の中に“真っ白い衣裳”や“真っ黒い衣裳”で亡くなった人物が登場した時、そして本人に対して「ついておいで」とか「一緒に行こう」とか「手を繋ごう」とか誘ってきたとき、それをまともに受けてはいけないのだ。それは本人を“霊界に導く”予告夢となる。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.