今日の迷言・余言・禁言

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあったのだ。そこで、彼女は“美しいプロポーション”を目指しダイエットを試みる。そこで、まず一年近くかけて38㌔ダイエットに成功する。つまり理想ともいえる51㌔になったのだ。ところが、そうなってみると、今度はもっと挑戦したくなった。他の部分は良いのだが、ウエストだけを「もっと細くしたい」と思ったのだ。こうして彼女は昨年の4月から一年以上をかけて、理想的なウエストサイズ54㎝を手に入れた。ただ、それだけでは満足できず、ほとんどの時間は“きついコルセット”を着用したまま過ごしている。こうして、コルセットを着用することで驚異の“38㎝ウエスト”を保っているのだ。う~ん、素晴らしい努力。そして何より驚かされるのはコルセットというものが“見た目16㎝”も細く見せる効果があるということ…そのことの方に私は驚く。現在の「ギネス記録」はキャシー・ユング氏でコルセット着用で38㎝、外した状態で53㎝なのだそうだ。つまり、ウィルソン氏とほとんど変わらない。ちなみに古い記録の“世界最小ウエスト”は1939年に英国女性エセル・グレンジャー氏が打ち立てたコルセット着用33㎝、外して56㎝なのだそうだ。コルセットの威力たるや、ここでは“見た目23㎝”も細く見える効果を達成している。なお、自然なままで最も細いと思われるのは、現在ミャンマー在住の学生であるスー・ナイン氏(23歳)で、インスタグラマーとして“その雄姿”の34.8㎝を披露しているらしい。う~ん、みんなすごい。ちなみに最初のウィルソン氏は、あと2.5㎝くらい細くして「ギネスに載りたい」そうだ。学生ナイン氏の方はギネスには興味なく、さまざまなファッションでインスタグラムの載せて、ちやほやされるのが好きらしい。有名人では、昔フランス人でポレールという女優が33㎝と公称していたらしい。とにかく、これらの記録を見ると、どんなに頑張っても、その辺りが限界らしいので、決して「ギネスに挑戦しよう」となどは思わないように…。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.