今日の迷言・余言・禁言

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあったのだ。そこで、彼女は“美しいプロポーション”を目指しダイエットを試みる。そこで、まず一年近くかけて38㌔ダイエットに成功する。つまり理想ともいえる51㌔になったのだ。ところが、そうなってみると、今度はもっと挑戦したくなった。他の部分は良いのだが、ウエストだけを「もっと細くしたい」と思ったのだ。こうして彼女は昨年の4月から一年以上をかけて、理想的なウエストサイズ54㎝を手に入れた。ただ、それだけでは満足できず、ほとんどの時間は“きついコルセット”を着用したまま過ごしている。こうして、コルセットを着用することで驚異の“38㎝ウエスト”を保っているのだ。う~ん、素晴らしい努力。そして何より驚かされるのはコルセットというものが“見た目16㎝”も細く見せる効果があるということ…そのことの方に私は驚く。現在の「ギネス記録」はキャシー・ユング氏でコルセット着用で38㎝、外した状態で53㎝なのだそうだ。つまり、ウィルソン氏とほとんど変わらない。ちなみに古い記録の“世界最小ウエスト”は1939年に英国女性エセル・グレンジャー氏が打ち立てたコルセット着用33㎝、外して56㎝なのだそうだ。コルセットの威力たるや、ここでは“見た目23㎝”も細く見える効果を達成している。なお、自然なままで最も細いと思われるのは、現在ミャンマー在住の学生であるスー・ナイン氏(23歳)で、インスタグラマーとして“その雄姿”の34.8㎝を披露しているらしい。う~ん、みんなすごい。ちなみに最初のウィルソン氏は、あと2.5㎝くらい細くして「ギネスに載りたい」そうだ。学生ナイン氏の方はギネスには興味なく、さまざまなファッションでインスタグラムの載せて、ちやほやされるのが好きらしい。有名人では、昔フランス人でポレールという女優が33㎝と公称していたらしい。とにかく、これらの記録を見ると、どんなに頑張っても、その辺りが限界らしいので、決して「ギネスに挑戦しよう」となどは思わないように…。


最近の記事はこちら

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.