今日の迷言・余言・禁言

「みずほ」が日本の“未来”をリードする⁉

多分、十年後か二十年後か知らないが「みずほ」の“今回の決定”を「あれが転機となって日本は変わったよね」と言われる時代が来るに違いない。それくらい、今回の“決定・発表”の意義は大きい。日本人は「働き過ぎだ」と言われてきているが、それは一つには「制度的にそうなっている」からで、好き好んで“働き過ぎ”なわけではない。だから、いくら政府が「働き方改革」などと叫んでも、根本的な“社内制度”そのものが変わらない限り、会社員は“働きづめ”にならざるを得なかったのだ。「みずほファイナンシャルグループ」は、これまで大量の“人員削減”を行い続けてきた。けれども、それでも会社側が望むような“大きな改革”には至っていなかった。ここに来て、素晴らしい“アイディア”を得たようだ。正社員を対象として、現在6社ある“みずほ”の全従業員を対象として「週休3日制」「週休4日制」の導入に踏み切ったのだ。しかも、今年12月から実行するらしい。日本を代表する一流企業が、こういう風に政府も後押しする「働き方改革」の一つの形として“週休3日制”“週休4日制”を社内制度として謳ってくれれば、なんの後ろめたさもなく、その制度を利用・活用して“正社員のまま”で居ることが出来る。さまざまな家庭の事情や副業・趣味の事情(⁉)などから、週のうちの三日間なら働ける、或いは四日間なら働ける、というケースは多い。けれども、今までは、そうなると“正社員”からは外れてしまうので、仕方なく“有給・欠勤”で続けてきた人も多いと思う。現在は“副業”も盛んなので、こういう形にしてくれると、思う存分「サイドビジネス」に“力を注げる”とか、趣味の時間が持てる、という人も多いような気がする。このような制度が、一流企業が“先駆け”たことで、それに続く企業が続々と生まれて来るようになれば、ほんとうの意味での「働き方改革」が達成されることになる。ちなみに“週休三日”は“従来の80%”、“週休四日”は“従来の60%”の給与だそうで、妥当な額なのではないだろうか。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.