今日の迷言・余言・禁言

「みずほ」が日本の“未来”をリードする⁉

多分、十年後か二十年後か知らないが「みずほ」の“今回の決定”を「あれが転機となって日本は変わったよね」と言われる時代が来るに違いない。それくらい、今回の“決定・発表”の意義は大きい。日本人は「働き過ぎだ」と言われてきているが、それは一つには「制度的にそうなっている」からで、好き好んで“働き過ぎ”なわけではない。だから、いくら政府が「働き方改革」などと叫んでも、根本的な“社内制度”そのものが変わらない限り、会社員は“働きづめ”にならざるを得なかったのだ。「みずほファイナンシャルグループ」は、これまで大量の“人員削減”を行い続けてきた。けれども、それでも会社側が望むような“大きな改革”には至っていなかった。ここに来て、素晴らしい“アイディア”を得たようだ。正社員を対象として、現在6社ある“みずほ”の全従業員を対象として「週休3日制」「週休4日制」の導入に踏み切ったのだ。しかも、今年12月から実行するらしい。日本を代表する一流企業が、こういう風に政府も後押しする「働き方改革」の一つの形として“週休3日制”“週休4日制”を社内制度として謳ってくれれば、なんの後ろめたさもなく、その制度を利用・活用して“正社員のまま”で居ることが出来る。さまざまな家庭の事情や副業・趣味の事情(⁉)などから、週のうちの三日間なら働ける、或いは四日間なら働ける、というケースは多い。けれども、今までは、そうなると“正社員”からは外れてしまうので、仕方なく“有給・欠勤”で続けてきた人も多いと思う。現在は“副業”も盛んなので、こういう形にしてくれると、思う存分「サイドビジネス」に“力を注げる”とか、趣味の時間が持てる、という人も多いような気がする。このような制度が、一流企業が“先駆け”たことで、それに続く企業が続々と生まれて来るようになれば、ほんとうの意味での「働き方改革」が達成されることになる。ちなみに“週休三日”は“従来の80%”、“週休四日”は“従来の60%”の給与だそうで、妥当な額なのではないだろうか。


最近の記事はこちら

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.