今日の迷言・余言・禁言

「のん」ちゃん雲にのる

大昔、私がまだ子供時代に「のんちゃん、雲にのる」という漫画だったか、小説だったか、ドラマだったか、忘れてしまったが、とにかくそういうタイトルの作品があった。女優の「のん」(元・能年玲奈)さんがCM収入だけで今年度は「1億円越えとなりそうだ」という記事が目に留まった。一時期、彼女に対してマスコミは大バッシングを行っていた。事務所との契約トラブルで「芸能界追放」とか「二度と表舞台には立てない」とか「洗脳された」とか、いろいろなうわさが飛んだ。実際、前事務所からは解雇となって「能年玲奈」という“看板”も使えなくなった。彼女が仕方なく個人事務所から「のん」という名で活動再開したときにも、マスコミはバッシングを止めなかった。けれども、私は彼女の“人相”や“手相”から、また“ホロスコープ”や“四柱命式”から、この女優が、このまま終わってしまうとはとても思えなかった。だから、そういう意味のことを何度か書いた。「のん」に変えたことで“子供向け作品”や“旅情番組”等に出れば良い、そして新たな分野で“人気爆発する”可能性も示唆した。もちろん、前事務所とのトラブル後遺症は大きく、未だ“正規の女優”として表舞台に出て来ているわけではない。けれども、このほど新たにJR西日本のイメージキャラクターとして「転落防止キャンペーン」でのCMが加わることになった。私がかつて指摘したように、“地方”とか“旅情”とか“子供向け”のCMとして既に10本くらいに出演しているのだ。その結果として、正規の女優業は行っていないのに、1億越えの収入を得ているのだ。正に占術的なものが示唆していた“強運”そのものである。ほとんどの人が「能年玲奈」の“看板”を失ったなら、芸能界では生きていけないだろうと見立てたが、そうではなかったのだ。私は“ダメ押し”のように書くのは好きではないので書いてこなかったが、かつてもっとも輝いていた時の小池百合子氏に対し、都知事選出馬の時から疑問を呈していたのは私なのだ。


最近の記事はこちら

なぜ日本の男性未婚率は“急上昇”したか

発売されたばかりの『データで読み解く「生涯独身」社会』という本が注目されている。データを基として、日本の男女の“未婚率”や“交際率”や“結婚願望”の比率などを示し、特に男性における「生涯独身」が、今後…続きを読む

韓国の芸術家達は、どうして怒らないのか⁉

韓国がまたベルリンに「慰安婦像(平和の少女像⁉)」を設置したらしい。私は、いつも思うのだが、どうしてこんな“センスのかけらもない”彫像を世界のあちこちに設置するのだろう。そして、韓国にだって芸術家はた…続きを読む

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.